‘19 シンガポール 子連れでナイトサファリ行くならベルトラで事前購入がベスト。その理由は?

シンガポール3大動物園のひとつ

ナイトサファリ

シンガポールに行ったら是非訪れたいと思っていたナイトサファリ。

なかなか興味をそそられるネーミングです。いったいどんなところなのでしょうか。

 

ナイトサファリはシンガポールにある動物園のひとつで、夜からオープンする珍しい動物園です。

すぐお隣には「シンガポール動物園」と「リバーサファリ」もあってそれぞれで営業しています。

1日かけて3つの動物園を制覇することも可能ですし、チケットをまとめたセット購入なら単独よりもお得に購入することも可能。ただ、日本の夏のように高温多湿な気候が一年中続くため、体力的にも注意が必要で、その点も含めて、自分の旅行プランやお好みに合わせて行くことをオススメします。

 

ナイトサファリの入場料(公式)
現地通貨 日本円
大 人 47SGD 3,995円
子ども 31SGD 2,635円

入場料は旅行時点でのものです。円換算は85円/シンガポールドル。
子どもは3~12歳。

 

動物園へのアクセス

動物園には①バス、②タクシー、③電車、④ツアー送迎で行くことができます。

この中で一番のオススメはタクシー。中心部からなら料金は20~30SGドル。特に人数が3~4人いるなら、移動時間もおよそ30分で済むので、それを考えれば積極的にタクシーを利用すべきでしょう。

 

事前の購入なら割引もあってお得

当日現地に着いてからチケット購入するのもいいですが、事前に購入しておくことで割引や特典を確約させることができ、結果的にスムーズに行うことができたりします。

特に子どもと一緒の場合や、時間に制限があったりする場合は効率的に見て回ることができるのではないでしょうか。

私もそのような立場にありました。そこで購入方法で候補に挙げたのこちらの2つ。VELTRA(ベルトラ)Voyagin(ボヤジン)です。

 

旅先で何をするか迷ったら オプショナルツアー予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」

VELTRA(ベルトラ)は、14,000種類以上の海外・国内のオプショナルツアーを予約できる現地ツアー専門予約サイトです。ツアーの催行は、現地のツアー企画・実施会社がしています。

ベルトラは以前のハワイ旅行でもお世話になっており、世界各国でツアーを催行しているので実績のある会社です。

 

Voyagin(ボヤジン)は、マスターカードやH.I.S.などとも取引実績があり、楽天グループでもあるのでこちらも安心して手配できる会社です。

手配先は日本を含めた東南アジアに絞られてはいますが、割引率などは目を見張るものがあります。

 

個人的にはベルトラはツアーとして包括されたものが充実している一方で、ボヤジンは目的のものにフォーカスした販売が充実しているように感じます。

今回のナイトサファリの場合のように、送迎や食事等も含めた包括的なツアーを頼みたい場合はベルトラに申し込み、単にチケットだけ割引で手配してもらいたい場合はボヤジンで申し込むのが良さそうです。もちろん両会社とも様々な手配方法がありますので、金額や条件等を比較しながら検討してみるよ良いと思います。

 

ベルトラに決めた理由

実際に比較検討した結果、今回はベルトラのツアーに申し込みしました。

その理由は、

①子連れの家族旅行のため、効率的に見て回れるツアーを優先。

日本語ガイドが誘導してくれる。

③ナイトサファリのスポンサーにもなっているJTBの催行ツアーなので何かと優先される。

早い時間帯(日没前)の日本語に対応したトラムに乗車できる。

⑤アニマルショー鑑賞では事前に座席が確保されている。

ということが大きなポイントでした。逆に残念だったのが、上記5つが備わったツアーだと、往復もしくは片道の送迎付きしかなかったこと。我が家は4人なので、タクシーを利用した方が何かと便利だし、出発時間も自由にできるので、ぜひ送迎が付いていない(現地集合現地解散)ツアーがあれば良かった。

 

ベルトラでの申し込み方法

ベルトラトップページ

まずはベルトラのトップページから。

 

ナイトサファリ申し込み

ナイトサファリのツアーも複数選択できますが、オススメがこちら。日本語の音声付きのトラムに乗車でき、その後はアニマルショーの席も確保してあります。

 

ナイトサファリ申し込み2

さらにプランの中から夕食と送迎を選択できるのですが我が家が選んだのがこちら。夕食なしで送迎は片道(往路)のプランで一人70SGドル(およそ5,950円)。

夕食のビュッフェを付ければプラス40SGドル、送迎を往復にすればプラス20SGドルが加算されますが、家族に大食いがいないこと、4人での参加なのでタクシーの方が安いので片道だけ送迎付きにしました。

本当は往路の送迎も要らないんですけどね。一応、送迎なしにして現地集合も可能ですが、値段は変わらないようです)。

 

支払い方法

 

ナイトサファリ支払い方法

支払いの際にクーポンとポイントの利用もできます。このときはベルトラのアプリから経由すれば1,000円Offのクーポンが利用できましたし、過去の利用状況に応じてポイントも利用できます。以前にハワイで利用したときのポイントが少しあってそれも利用できました。

そのため、子ども料金を含めた4人分で日本円にして2万円ちょっとで購入できました。

 

支払いはクレジットカードか、コンビニ/銀行振り込みのどちらかを選択できます。

 

申し込み確認のメール

ちなみに我が家では催行日の3週間ほど前の土曜日深夜0:10に日本にいる間に申し込みをしました。

申し込み直後にきたメールの内容がこちら。空席確認後、予約成立の確認可否を72時間以内に連絡するとあります。

 

ベルトラ予約完了メール

そして、予約完了のメールが届いたのが同日の午前11時45分。土日祝日や繁忙期は時間を要するとありましたが、実際はその日のうちにスピーディーに対応してもらえて良かったです。

バウチャーは参加時に、印刷またはスマートフォン等での画面提示が必要とありますのでどちらかの用意をしておきましょう。

 

まとめ

普通に購入すると47SGドルなので23SGドル(1,955円)ほど高いですが、この値段の差で①往路のバス代、②日本語トラム優先乗車、③アニマルショーの座席確保とさらには④日本語(日本人とは限らないが)ガイド付きの手数料と考えればかなりお値打ちだと思います。

もちろん自分でこれらをやればいいのですが、英語ができない(もちろん自分も)家族と、あちこち動き回る子どもを率いてそれらを確保するのは正直言って至難の業。その手間を考えればこれくらいの金額ならありかなと思えます。

またこのナイトサファリは日本のツアー会社でもあるJTBがスポンサーになっていて、このJTBが主催しているツアーを扱っていたベルトラのほうが何かと優遇してもらえると判断しました。

詳細は実際に行ってみて後日報告したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA