トラベル系最強!SPGアメックスカードに申し込んでみた!

旅行は好きなのですが・・・

旅行は好きだけど、普段はあまり旅行に行けません。仕事がハードで・・・というわけではないのですが、なんとなく休みを入れると仕事に差し支えてしまうような気がして(するだけ?)行く機会を逃しています。

なので、旅行のブログを見て行った気になっている日々ですが、豪華なホテルに宿泊しているようなブログでは必ずと言っていいほど、SPGアメックスカードを推奨しています。ポイントの還元率がいいこともありますが、何より系列のホテルでの好待遇ぶりが人気の秘訣のようです。

あまりの好待遇ぶりに「本当かな?」と疑いの気持ちを少し持っていましたが、次第に「そんなカードがあればいいね」から「あってもいいかも」となり「あったほうが良くない?」に気持ちが変わり、最後には「家族にとっても旅行に出掛る機会も増えるし」と自分にいい言い訳して申し込んでみました。

 

SPGアメックスカードってなに?

正式名称は、(Starwood-Preferred-Guest-americanexpress-card)といいます。
スターウッド系列のホテルのカードで、「シェラトン」、「フォーポインツ・バイ・シェラトン」、「W」、「アロフト」、「ラグジュアリーコレクション」、「エレメント」、「ル・メリディアン」、「ウェスティン」、「セントレジス」などのホテルブランドで構成されています。

SPG会員になるだけなら、わざわざこちらのカードを申し込まなくてもサイトで登録すれば会員特典を受けることも出来るし、無料で登録可能です。

ではなぜ、高額の年会費を払ってまでSPGアメックスカードを申し込む必要があるのか。

それはこのカードを所有するだけで、SPGのゴールド会員として迎え入れてくれるからです。

 

SPG会員の特典とは
SPG特典

出典:SPG

SPGの特典の中でも個人的にいいなと思ったのが、お部屋のアップグレードとチェックアウト時間の延長です。

どちらの特典も、ホテルの稼働状況によって絶対ある訳ではないようですが、そもそもグレードの高い部屋に泊まることはないので、標準の部屋で予約してアップグレードされればといったところです。それに、チェックアウトぎりぎりまでいつも満喫する我が家にとって、午後4時まで滞在できるととても助かります。

でも・・・それ以外で平会員との差がそんなにないような・・・気が・・・するんですが・・・

よく見ると、ゴールド会員の資格を得るには年間10滞在または25泊とあります。SPGカードを所有すれば無条件でゴールド会員ですが、年間10滞在の条件は1泊2日の旅行を年に10回すれば達成できます(ちなみに同じホテルで2泊3日は1滞在とカウントされるようです)。

正直これだけだと年会費は割高のような気もします。

 

マリオットホテルとのステータスマッチ

しかし、マリオットインターナショナルがスターウッドホテル&リゾートを買収したことで、世界最大のホテルチェーンとなり、SPGゴールド会員はマリオットのゴールド会員とステータスマッチできるようになったのです。2つ両方の会員プログラム「マリオットリワード」と「スターウッドプリファードゲスト(SPG)」のアカウントをリンクでき、相互にポイント交換が可能です。

マリオット特典

出典:マリオット

マリオットでのゴールド会員になるには50泊以上の条件となり、SPGよりもかなりハードなのに、同じゴールドとして扱ってくれます

しかも、お部屋のアップグレードとチェックアウトの延長の他に、ラウンジ利用と2名分の朝食が無料になるのです。これはすごいですね。ブロガーの皆さんはマリオットのゴールド会員特典を利用することでこのカードを最大限に活用しているようです。

さらに、SPGは自身のサイトからの予約に限り会員特典を受けることが出来るのに対し、マリオットの方は旅行サイトからの予約であっても特典を受けることが出来るようです。これならかなり使い勝手がよさそうに感じます。

 

申し込み方法

(以下画像はアメックスおよびSPGより出典)

まずはアメックスのホームページから申込を行います。「お申し込みはこちら」をクリックします。

 

「ご本人様確認情報」を入力します。ここはそんなに難しい項目はないので、項目通りに進めていきます。

名前については入力欄に例があるようにカタカナになります。

 

「ご本人様について」の入力です。ここではまず、スターウッドプリファードゲスト会員番号を入力しなければならず、まだ会員登録していない場合は「こちら」からSPGサイトで登録します。自分も登録していなかったので「こちら」をクリックしました。

 

SPGサイトの登録画面にきました。こちらでも情報を入力していきます。

いくつか同じような項目の入力をする必要があって混乱しがちですが、クレジットカードとしてアメックスに対する本人情報の登録と、SPG会員としての本情報の登録を別々にしているので「さっき入力したのに」とは思わずに進めてください。この画面はSPG会員の登録をしています。

敬称は男性なら「Mr.」だけなのですが、女性は3パターンあるので注意が必要です。結婚している人は「Mrs.」(ミスィズ)、未婚の人は「Miss.」(ミス)、どちらにも使えるのが、「Ms.」(ミズ)となります。ご自分の状況に合わせて使い分けてください。

それと、ここでの名前は日本語でもローマ字でも可能と記載がありますが、海外のホテルに宿泊する場合に日本語だと文字化けしてしまう可能性もあるんだそうです。

日本人がよく行くホテルであればもしかしたら日本人スタッフもいて対応できるかもしれませんが、そうでないときは英語で説明をしたり、最悪の場合はトラブルに発生する可能性もあります。絶対に海外には行かない人以外は無難にパスポート表記のローマ字の方で入力することをおすすめします。

 

SPG会員としての情報を登録完了するとこのような画面になります。画面に会員番号が表示されるので、番号を忘れないようにしておいてください。ちなみのに番号は11桁の番号です(画像は加工してあり12桁になってます)

こちらの登録が終わったら先ほどの「アメックスカード」を登録する画面の「ご本人様について」に戻って入力していきましょう。(画面は省略します)

 

続いて「ご連絡先について」を入力していきます。ここでは運転免許証を持っている方は右側のチェックボックスにチェックすると、入力できるようになります。運転免許証を持っているのにチェックをしないとどうなるのかはわかりませんが、カード会社にしてみると、本人であることの有力な情報源がなくなるので審査に影響してくるのかもしれませんね。マイナス要因ではなく、プラス要因として見てくれるのではないでしょうか?(あくまでも推測です)

住所も入力して次へ進みます。

 

「ご収入等について」の画面です。でもご収入欄は任意になっているので、職業や勤務先がメインの入力のようです。

勤務先の電話番号は特に間違わないように気をつけましょう。別のクレジットカードを発行するときに勤務先に電話が来たことがあります。本当にその勤務先に勤めているかを確認するのでしょう。ちなみに自分の場合は電話は来ないまま発行されました。

 

「入力内容のご確認」画面で誤りが無いかを確認し、下へスクロールしていくと、カードご利用代金明細書の受取方法について選べます。

明細書を紙で受け取りたい場合はチェックはせず次へ進みます。オンラインサービスを利用する場合はチェックボックスにチェックを入れます。

 

最後に「同意項目」、「カードのご利用目的」、「年会費について」を確認した後、「上記全ての内容を理解し、同意します。」というチェックボックスにチェックを入れて「同意して申し込む」のボタンをクリックします。

 

SPG申込13

これで申込が完了しました。審査結果には10日ほどかかるようです。審査が通るのかちょっとドキドキです。


スポンサーリンク

 

SPG ゴールド会員資格へのアップグレードが完了しました。

SPG会員登録とSPGアメックスカードを申し込みをしたのが土曜日の午後10時過ぎ。そこから2日後の月曜日に見出しの件名でゴールド会員になったお知らせメールが来ました。月曜日は祝日だったので処理は進まないだろうと考えていましたが、さっそくの昇格にびっくりです。

これ以外のメールやお知らせは来ていませんが、SPG会員がゴールドになったということは、きっとアメックスカードもおそらく審査をパスしたのでしょう。

 

SPGアメックスカードも届きました。

水曜日にはこのようなメールが来ました。1週間ほどで届けてくれると書いてありましたが、次の日の木曜日には本人限定受取郵便物特定事項伝達型で連絡がありました。

 

そして、金曜日には現物を受け取れました。自分の手元にクレジットカードが届くまでぴったり1週間という早業でした。

また近いうちに、マリオットとのステータスマッチをしてみます。

 

ほんの半年前まで年会費無料のクレジットカードしか所有したことがなく、年会費のあるANAゴールドカードの所有をしたばかりの自分にとって、はたしてこのSPGアメックスカードを有効活用できるのか分かりませんが、年会費に見合うだけのカードなのかを見極めていきたいと思います。

でも、これをきっかけに、旅行に出掛ける機会を増やしていければいいなと自分に期待しています(笑)

最初の予約の様子はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA