添い寝無料! シェラトン・グランデトーキョーベイホテル 6歳までの子どもと宿泊するときの予約方法

ホテルを予約
SPG申込16

出典:アメックス

先日取得したSPGアメックスカード。

 

SPGゴールド会員となったからには、やはりその恩恵にあずかりたい。さっそくどれだけの効果があるのか試すときがやってきました。

宿泊するのは、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。東京ディズニーリゾートのそばにあるホテルです。

仕事を調整して、金曜日から1泊2日で大人3人、5歳児1人の合計4人1部屋の予約に挑戦してみました。

 

シェラトングランドトーキョーベイのルームカテゴリー

部屋のカテゴリーは下記の通りとなっています。

  • スタンダードルーム
  • オーシャンドリームルーム
  • グランデルーム
  • トレジャーズルーム
  • パークウィングルーム(ドッグルームあり)
  • クラブルーム
  • スイートルーム

料金設定は基本的に上層階に行くほどグレードの高い部屋になっていくようです(一部スイートルームは除く)。

またパークウィングルームは増設した新館にあります。

部屋はスタンダードルームが最もリーズナブルな設定となっていて、空き室状況によってはルームグレードによる料金の差がほとんど無いときもあったりするので、宿泊することが早い段階で決まっていれば早い段階で予約しておくのも良いかも。

ちなみに、SPG会員の場合は通常の設定価格よりも5%の割引がされます。他の旅行サイトを利用して予約するよりも公式サイトから直接予約する方が中間マージンが無い分お得ですし、そこからさらに5%の会員割引なのでより一層のお得感があります。

 

公式サイトから直接申し込み

出典:SPG公式サイト

会員の特典を享受するには、旅行サイトからの予約ではなく、直接SPGサイトからの申込みが条件となります。

1週間以上前に検索して一番お得だったのが、セミダブルベッド2台のパークウィングルームのお部屋で25,000円くらいで、その次にお得だったのが、オーシャンドリームルームでシングルベッド・ダブルベッドが各2台のお部屋で30,000円弱。

本当はベッドが3台ある部屋を希望していたのですが、そもそもそのような部屋は無いようで、2台のベッドがある部屋にエキストラベッドを追加して対応するようです。

 

料金が変動するフレキシブル制

このホテルではフレキシブル料金といって、空室状況によって料金が変動していくシステムをとっているようです。数ヶ月前に予約をするか、逆に直前ならお手頃な値段になるかもと考えてギリギリまで待つことにしました。すると、日が経つと少し値段が下がって出てきました!

 

出典:SPG

オーシャンドリームルーム(シングル2・ダブル2)のお部屋で25,650円。

この辺が妥当かなと思い、予約することに決めました。

このままネット予約もできるのですが、ここはあえて電話して予約してみます。

別のサイトで仕入れた情報によれば、電話予約の方が自分の条件に合ったお部屋を用意してくれることもあるとのことでした。

SPGサイトにログイン中なら、ゴールドプリファードゲスト専用の電話番号が表示されますので、情報の真偽を確かめるため電話をしてみることにします。

電話で必要な情報を伝えると、お得なお部屋はオーシャンドリームルーム(ダブル2・エキストラベッド1)で21,850円とのこと。

値段が4,000円ほど下がってラッキーです。さっそく予約してみました。

あとは当日チェックインの際に、ゴールド会員なので空き状況によりますが、お部屋のグレードアップを期待します。

今からとっても楽しみです。

 

公式サイトからの申し込みで知っておいた方が良いこと

実は、電話で予約したことによって値段が下がったように感じましたが、ちょっとしたカラクリがあるようです。

公式サイトで予約をする際に、日にちと人数を入力して検索しますが、その際添い寝する子どもは入力する人数から除きます。添い寝の子(6歳まで)は無料なので、対象人数には含めなくていいようです。

もしここで添い寝の子どもの人数まで含めて入力・検索すると、添い寝できる年齢に関係なくベッドが必要となる人数と見なして計算しているようです。

なので、この場合は人数に含めずに検索して、条件に合致する部屋があればそのまま予約して、後から添い寝の子どもがいることを伝えればOKです。

結局、電話だから下がったのではなくて、ネットで予約する際は上記のようなことをよく理解した上で申し込めば実は同じことでした。

 

まとめ

公式サイトからの申し込みでは、添い寝の子は人数に含めずに検索するという暗黙のルール?があるようです。

もしかすると常識なのかもしれませんが、私はこれまでそういうことは知りませんでした。

子どもの年齢まで入力するので、そこから自動的に添い寝として判断してくれる物だと勝手に思い込みをしてしまっていたようです。

もしそれが煩わしいということであれば、電話で予約する方が良いかもしれません。

自分にとってやりやすい方で予約してみてください。

ただし、添い寝ができる年齢はホテルによって違うので確認が必要となります。ちなみにシェラトントーキョーベイホテルでは、添い寝できる上限が6歳までになるのでご注意を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA