ゲストアシスタンスカードでディズニーを楽しもう!

障害者だってディズニーで楽しみたい!

東京ディズニーリゾートは、楽しいアトラクションに乗ったり、季節によって変わるショーやパレードが見れたりと、飽きさせない工夫がいっぱいです。

エンターテイメント性を重視していて、みんなはそれを体験しにやって来るので、いつ行っても賑わっています。

もちろん障害者だってそんな夢のひとときを過ごしたいという思いは一緒ですよね?

でも、障害があることで、他の人の迷惑にならないように配慮したりして、行きたい気持ちにブレーキをかけてしまうことあったりしませんか?

そこでディズニーでは、障害者や年配の人などを含めた、「体の機能が低下している人」でも楽しんでもらえるような取り組みをしています。

その中の一つとして、ゲストアシスタンスカードがあります。

 

ゲストアシスタンスカードってなに?

これは、その人の体の機能の低下に合わせて負担の軽減をしてくれるカードです。

例えば、ベビーカーのままのご案内・ご希望の席にご案内・スピーカーの近くにご案内・待ち時間経過後にご案内があります。

特にありがたいのが、「待ち時間経過後にご案内」ではないでしょうか?

これは、人気アトラクションだと乗るまでの待ち時間が長くなりがちですが、健常者は普通に並ぶことが出来ても、障害者は一緒に並んで待つことが出来ない理由が沢山あります。

足が不自由で列に並べないとか、視覚障害で薄暗い中では並ぶのが難しかったり、発達障害児が並んでいるときにパニックになってしまうなど、それを考えると本人はもとより同行者も落ち着いて並ぶことが出来ません。

そこでこのゲストアシスタンスカードがあると、他の人と一緒に並ぶことなく決められた時間にアトラクションを利用することが出来ます。

ただし、他の人と同じように並ばなくていいというだけで、アトラクションの待ち時間と同じ時間を近くで待機することになります。

決して優先されるわけではないことに注意しましょう

 

どうしたらもらえるの?

ディズニーサイトでは、”各アトラクション、メインストリート・ハウス、ゲストリレーション、ベビーカー&車イス・レンタルのキャストにお申し出”とありますが、その日初めて受け取るときは、ディズニーランドではメインストリート・ハウス、ディズニーシーではゲストリレーションに行くのが無難です。

ディズニーランドで初めてこのカードを利用したときにメインストリート・ハウスまで戻ったことがありましたので。

また当日に申し込むと意外に時間がかかります。なので、事前に申込みをしておいて、当日渡してもらうだけにすると時間短縮になります。

事前予約受付:東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター
0570-00-8632
営業時間:9:00~19:00(年中無休)
※一部のPHS・IP電話・国際電話の方は 045-330-5211
※お客様から承った内容および担当者の対応内容の確認を目的として、お客様との通話を録音させていただいております。(東京ディズニーリゾートより引用)

 

発行の対象となる人

身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳所持者および疾病、負傷などにより体の機能が低下している方(高齢者、妊婦を含む)

ここにあるとおり、妊婦さんや負傷などといった一時的な場合も含まれています

ただし、悪用は絶対にしないでください。せっかくディズニーという夢のある世界に来ているのですから夢を壊すようなことはやめましょう。

 

受け取り方法

入場したら、まずは慌てずにメインストリート・ハウス(ディズニーランドの場合)に向かいます。手続きは代表者で大丈夫ですが、パークチケットは全員分が必要になります。

同行者がパークチケットを持ったまま別行動してしまうと、持って来るまで手続きができないのでご注意ください。

受付で手続きをすると、ゲストアシスタンスカードがもらえます。事前予約していればすぐもらえるのでとても便利です。

受け取ったら実際にアトラクションの前にいるスタッフに提示して利用してみましょう!

 

利用する方法

乗りたいアトラクションの入口まで行き、付近にいるキャストにゲストアシスタンスカードを提示します。

その際は、代表者だけではなく、本人を含めて利用する全員がそろっていないと申込みできません。

あくまで、列に並ばない代わりに全員が一緒に待機するというという前提なのでしょう。

キャストは、利用する際の注意や緊急時の移動方法などを説明してくれます。利用に問題なければ、現在の時刻に待ち時間を計算して、カードに案内時間を記入してくれます。

 

待ち時間が長いからといって、その間に別のアトラクションに乗ることはできませんし、このカードを使ってダブルで予約することももちろんできません

そして、指定された時間になったら、カードを再提示することでアトラクションを利用できます。

いきなり最前列になるわけではなく、列の途中に割り込ませてくれたり、ファストパスと同じルートの場合もあったりします。

なので、厳密に言えば、待ち時間プラス列に並ぶ時間がかかりますが、それでも並んで待っている時間が少ないというのはとてもありがたいですね。

私もディズニーランドで車椅子の方がこれを利用しているのを見かけました。障害者であっても楽しい時間を過ごしてもらいたいという、ディズニー側の思いも充分伝わってきます。

たとえ、体が不自由であってもディズニーリゾートではそれを受け止めてくれますし、また夢の時間を提供してくれます。みんなと一緒に楽しんでみてはいかがですか?

 

おわりに

ゲストアシスタンスカードを利用すると、障害者やお手伝いが必要な人でもディズニーリゾートで、想い出に残るような楽しい1日が過ごせるのではないでしょうか。

我が家も障害者手帳を持っていて、人知れず気苦労をしていて引率するのにとても疲れます。

でもこのようなサポートがあると本当に助かります。障害者やお手伝いが必要な人のいるご家庭はこのカードを利用してみてはいかかですか?

繰り返しになりますが、悪用は絶対にしないようお願いします

 

ゲストアシスタンスカードでディズニーを楽しもう!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名希望 より:

    TDRのゲストアシスタンスカード(略:GAC)私も理由があって、毎回のように利用をさせて頂いています。最近ではそのGAC、ブログなどを通じて、悪用や不正利用が多発をしているようですね。その結果、来年(2019)年の1月からは、発行の対象者と利用方法や、発行場所が大幅に変更になります。主に障害者手帳(勿論これが最優先)の有無によって、キャストさんの対応方法が、変わるらしいです。当然それ以降は、本人以外は(障害者手帳所有者と、その同行者原則3名までは今まで通り)、今までとは違って、GACでの待ち時間中に、列とは別の場所での待機が出来なくなります。(いわゆる同行者は、列内での待機となりますね。)いずれにせよ、運営側からの対象者(障害者や高齢者等)に対する、ご配慮やご好意が善意であるこの制度を、悪用や不正利用をする、一部の心無いゲストが、一番悪いのです。残念な話ですよね。

    1. syougaienjoy より:

      こんにちは
      コメントいただきありがとうございます。
      来年(2019)年の1月から制度変更があるのは知りませんでした。我が家の場合、障害者手帳所持者と離れて同行者(私)が列内での待機をするとなると、GACはむしろ怖くて使えません。そこらへんはある程度TDRも配慮してくれるとは思います(思いたいです)が、いずれにしてもやはり悪用している人がいるからこその制度変更なんでしょうね。
      せっかく夢の世界に来ているのですから、わざわざ夢から覚めてしまうような行為は慎んでほしいものです。でもやはりこの手の制度はイタチごっこが運命なのかもしれません。本当に悲しいことです。
      これにめげずにお互いTDRでは楽しみましょうね。

      1. 匿名希望 より:

        こちらこそコメントを有難うございます。本当にそうですよね。お互いに悪用や、不正利用をした人を恨みましょうよ。実は制度変更を知ったのは、私もつい最近です。それでそのことについて、TDRのインフォメーションセンターに確認をしましたが、「変更後の障害者手帳を持っていない方(白色のGAC所持者になります。)の対応については、状況次第で同伴者原則3名までも、本人同様で列とは別の場所での待機を、認めることもあります。」というご回答を頂きました。これで安心ですね。

        1. syougaienjoy より:

          こんばんは。
          インフォメーションセンターに確認してくださったんですね。ありがとうございます。
          障がい者といっても困ってしまう場面は人それぞれですから、その人にあった対応をしてもらえると助かりますね。
          TDRのキャストのホスピタリティはいつ行っても「さすが!」と思う反面、「大変なんだろうな」とも思います。
          キャストには常に感謝の気持ちでいっぱいです。
          いつになっても遊び行きたくなるようなTDRであって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA