‘19石垣島 午後3時に到着後レンタカーを借りて夕方前の川平湾でグラスボートに乗ってきた!

予定を変更して

石垣島到着後にレンタカーを借りてさてどうしよう?

すでに午後3時になっているので、当初はそのままホテルに向かいチェックインする予定でした。

 

でも、今は晴れているけど、沖縄のすぐそばまで台風9号が接近している。でも明日には台風の影響下で身動きが取れなくなるかも。

それなら今のうちに少しでもできることをしておこう!ということで、急遽、川平湾に行ってみることにしました。

 

川平湾まで

レンタカーのカーナビで川平湾を設定しさっそく向かいます。スタート地点から目的地の川平湾まで北上するような形で移動。

 

途中で山道を走りながらも先へ進みます。このあたりの道路は、ほとんど車が走っていなかったので気持ち良くドライブできました。

たまに野生動物が出てくることがあるようなので、そういったことには注意しないといけません。

 

川平湾に到着したのはすでに午後4時半。駐車場に到着すると、なんと満車のサイン!

土地勘もないので他に停められそうな場所も分らず、やむなく待ちます。それも入庫待ちの3台目。

焦る気持ちを抑えながら待つこと10分くらい。ようやく連続で出庫があったので停めることができました。

ちなみに有料です。

 

駐車場から歩いてお店のある方に向かっていくと、グラスボートの乗船券を扱うお店がありました。

2つのお店でそれぞれグラスボートの申し込みができます。値段や出発時刻を確認してどちらか都合の良い方で乗船券を購入するといいと思います。

 

どっちでも良かったのですが、今回は「川平マリンサービス」で申し込みました。

理由は、旅行ガイドブック「るるぶ」を乗船券購入時に提示すると、アイスを1個プレゼントしてもらえるということで、こちらのお店にしました。

 

るるぶ石垣 宮古 竹富島 西表島’20【電子書籍】

 

絶景の川平湾へ

乗船券購入後に、乗り場となるビーチへ。雑木林のトンネルを抜ければ川平湾の美しい景色を見ることができます。

逆に、駐車場やお店側からだと草木が邪魔して川平湾がよく見えません。

 

雑木林の先は、なんとも言えない風景がそこにありました。海と山(島)の景色が絶妙です。

 

駐車場が満車だったのでそれなりに観光客が多いのかと思っていましたが、混雑感はありません。

時間帯も午後4時半でちょっと遅いからかでしょうか。

グラスボートの乗車までの僅かな時間ではありましたが、この素晴らしい景色を堪能させてもらいました。

 

グラスボートを体験

本日のグラスボートはこちらの船。

予定の時間に準備していたのでこの船かなとは思っていましたが、どの船がどのお店の所有のものなのかは一見しただけでは判別できません。もしかすると共同運行しているのかもしれませんが。

一応このチケットで乗れるか確認してから乗船しました。

 

船の中に入ると、中央がガラスになっていて海の底が見えるようになっています。前後左右どのポジションに座っても見えるものは同じなので、あわてて乗る必要はありません。

 

船長さんがガイドを兼ねて案内してくれます。当てもなくグルグル遊覧するのではなく、きちんと川平湾の各ポイントに案内してくれます。

各ポイントにはサンゴがあったり熱帯魚が生息していたりして小さい魚から大きな魚までちゃんと見ることができました。目印も無いのにさすがです。

 

ちょっとした群れの魚がグラスボートの真下を泳ぐところも見ることができました。

 

乗船時間は30分程度ですが、それくらいがちょうど良いかも。

あまり長くても飽きちゃうかもしれません。グラスボートから戻る頃には、もう午後5時になっていて、この時間になると海の色もたいぶ落ち着いた濃いブルーになってきています。

 

再び川平マリンサービス店まで戻って、沖縄のブルーシールアイスをいただきます。こちらは先ほど乗車券を購入する際に「るるぶ」を提示していたので無料でもらえました。

 

るるぶ石垣 宮古 竹富島 西表島’20【電子書籍】

ただし、こども料金での乗船券は対象外でしたのでご注意を!

 

娘が食べずに大人だけ食べるわけにはいかないので、自分の分をあげました。

こちらのフレーバーはブルーウェーブ。ラムネを加えたソーダアイスに、果肉たっぷりのパイナップルアイスをスワルさせたもののようです。

 

展望台から眺めてみる

グラスボートから戻った後、今度は展望台にも行ってみます。

アイスクリームをもらうため一度お店まで戻ってきましたが、展望台にはビーチにも階段があるので、お店の方までわざわざ戻ってこなくても上がって来ることは可能。

 

やはり展望台からだと湾全体が見渡せます。手前の雑木林が日陰になってしまっているのがやや残念。

 

グラスボートはどんどん移動させていました。台風の影響を考慮して、別の場所に避難させるようです。

どこに停留するんでしょう?

 

せっかく展望台から景色を眺めていたのですが、娘が旅行前からビーチで珍しい石や貝殻を探したいと言っていたので、それに付き合います。

貝殻だけでなく、ヤドカリもたくさんいて意外に家族みんなで楽しんで探していました。

 

おわりに

台風が石垣島のすぐそばまで来ており、到着後にホテル直行する予定を急遽変更して川平湾に来てみました。明日にでも暴風雨になるかもしれず、天気予報も帰る日まで天気が良くないとあったので、晴れているうちにここに来られて良かったかも。

川平ビーチは、うわさに違わぬキレイな場所でした。

本音を言えば、陽も傾きかけている時間帯での訪問ではなく、もっと海の色が鮮やかに映し出されるであろう、お昼前後に来たかったかな。

実は川平湾は夕陽のオレンジ色に染まった時の景色もとてもキレイなんだそう。そこまで待って見てみたかったのですが、家族を自分のわがままに付き合わせるのも悪いのでホテルに夕陽を待たずに向かいました。

できれば今度は台風に邪魔されずに訪問したいですね。それと、川平湾は遊泳禁止なので、そもそも泳げないことを考えれば夏の時期じゃなくても充分に楽しめそうです。季節よりも天気の方が重要かも。

そんなことを思いながら川平湾を後にしました。

これから宿泊先のインターコンチネンタル石垣リゾートに向かいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA