‘21 宮古島 旅の終わり。宮古島空港から羽田空港まで。いつものポークタマゴおにぎりも。

いよいよ宮古島とのお別れ

あっという間に3泊4日の宮古島旅行も終わり、後はもう東京に戻るだけ。

最終日の天気は雨だったので、早めに空港に向かう予定が、何だかんだでギリギリまで遊んでいた。

時間を持て余すより全然良いけど、いつものように焦りながら帰ることになってしまいました。

特筆するべきことは特にありませんが、旅の記録として残しておきます。

 

走行距離はぞろ目のラッキー7

実はレンタカーを借りたときから気になっていた走行距離。

もしかしたら自分が借りている間にぞろ目になる瞬間に立ち会えるのではないかと思っていました。

いよいよレンタカーの返却が間際に迫ってきたとき、ぞろ目が現実的になってきました。

しかし、ナビが示したレンタカー店までの走行距離を計算すると、微妙に足りなさそう。

だったら少し遠廻りでもして・・・なんて考えたりもしましたが、それではもう偶然とは言えないのでやめておきます。

そして、あと2キロ足らずで返却。

残念でした。

 

と思っていたら、空港までこの車で送迎するとのこと。

これはもしかして・・・

なんとビックリ、空港に到着したタイミングで77,777キロになり、その瞬間を目撃できました(証拠は無いです)。

ほんのちょっぴりの幸運が訪れたようです。

この勢いに乗って宝くじを購入すれば当るかも?

実際に購入してみましたが、世の中そんなに甘くない。

こ結果はあえなく撃沈でした。

 

ギリギリ宮古島空港到着

レンタカー屋さんともお別れした後、搭乗手続きを開始します。

ただ今の時刻は15時25分。

那覇行きの便は16時5分なのでけっこうギリギリ

 

急いで空港内に入ったら、宮古空港のチェックインカウンターはガラガラ。

ANAだけでなく、JALもほとんど人がいませんでした。

一日を通してなのか、この時間帯だからなのかはわかりませんが、あっさりとチェックイン完了。

 

プレミアム会員専用の優先レーンも設けてありましたが、一般レーンにも人はいないのでどちらで手続きしても変わりなし。

 

無事チェックインもできて、あとは保安検査をパスするだけなので、気持ち的に少し余裕ができた。

2階にある保安検査をパスする前に、エスカレーター脇にある貝殻でできたシーサーの前で記念撮影。

 

これから保安検査に向かいます。

 

激混み!間に合うのか?

エスカレーターを上がって行くと、保安検査の前には人だかりができてます!

1階はガラガラなので、こんなに人がいるなんて思わなかった。

最後列に並んだ位置から保安検査まではおよそ20分との案内あり。

20分待っていたら搭乗便に乗るための保安検査締め切り時刻に間に合わない。

宮古空港ではプレミアム会員専用の検査レーンがないため、係員に間に合うか微妙であることを伝えましたが、大丈夫なのでそのまま並んでいてくださいと冷静(というか無表情)に言われる。

途中で別のグランドスタッフさんに優先的に検査が受けられるよう案内してくれましたが、どうやら他の人と間違っていたようで、また元の列に戻されるというハプニングにもあう。

しかし、どうにか無事に検査を通過。

 

通過したすぐ目の前が搭乗口で、すでに搭乗も開始していた。

でも、もうここまでくれば大丈夫。

搭乗締め切りまで10分くらいあったので、ここは慌てずにトイレを済ませてから搭乗。

 

宮古島から本島へ

まどの外は雨が激しくなっていました。

 

搭乗率は目視で80%くらい。

 

さようなら宮古島、またいつか来る日まで。

飛行機が水平飛行に入り、ベルト着用サインが消えたと思ったら、あっという間に着陸態勢に入ります。

フライト時間は1時間を切っているため、離陸の準備等もろもろの時間を考慮すれば安定飛行している時間なんでほんの僅か。

 

あっという間に本島へ着陸。

こんな近い距離にある宮古島と本島ですが、天気の様子は同じではなく、那覇も曇は多いけど少し晴れ間も見えていて、雨模様の宮古島とは大違い。

逆なら良かったのに!

 

家族をラウンジに残しひとりポークタマゴおにぎりを買いに行く

到着後はANAラウンジで休憩。

予定では那覇空港のレストランで夕食を済ませる予定でしたが、昼食の時間が遅かったのと、ラウンジのおつまみを食べていたらお腹が減らず、結局いつものポークたまごで購入して機内で食べることとなりました。

以前にポークたまご店で注文から出来上がりまで時間がかかり過ぎて乗り遅れる寸前までいったことがあるため、乗り遅れのリスクを最小限に抑えるため、自分一人で買いに行く。

受付のスタッフに制限エリアを出たい旨伝えると、ラウンジの利用者専用の場所から出ます。

 

いつものポークタマゴおにぎり店は、相変わらず行列ができている。

ある程度余裕を持ってやってきましたが、これだと正直間に合わないかも?

そんなことを考えながら列に並び、およそ40分ほど待ってようやく注文でき、搭乗開始前に受け取ることができた。

再びラウンジに戻ってから搭乗ゲートまで向かいます。

 

東京へ

ポークタマゴおにぎり店での焦りがあったからか、ラウンジを早めに出てしまったこともあって、まだ搭乗案内される前に来てしまったようです。

あと5分ほどラウンジでお茶してても良かったかも。

 

時間となり、機内に乗り込みます。

 

機内はほぼ満席。

こんなご時世ですが、やっぱりみんな我慢できずに旅行に来ているようです。

機内でポークタマゴおにぎりを食べた後、仮眠をしていたら羽田に到着しました。

 

旅の終わり

荷物を受け取り駐車場まで戻ってきたのがちょうど22時。

羽田の出発ロビーはもう閉まっていました。

宮古島旅行はこれにておしまい。

明日からまた仕事を頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA