‘21 北海道 レンタカーで向かったのは道の駅「摩周温泉」。名物のえぞしかバーガーを食べてみた。

北海道に向け出発

パワーラウンジノースで休憩しながら滑走路の様子を眺めていたら、あっという間に搭乗時間。

すぐさま、ラウンジを後にして搭乗ゲートから機内に乗り込みます。

席に座ってほどなくしてから羽田を離陸しました。

 

座席の棲み分け

今回搭乗したのはエアドゥですが、ANAサイトから購入。

座席指定は進行方向に向かって右側のみ指定ができるようになっていました。

(キャンセルしましたがエアドゥサイトで予約した時は向かって左側だけが座席指定できたので双方で棲み分けしているようです)。

 

最後尾から撮った機内全体。

それほど大きくない機体のようです。

座席はLCCにありがちなシート間隔の狭さをイメージしていましたが、思っていたほど狭くありません。(勘違いしてましたがエアドゥはLCCではないようです)。

 

東京はそれほど悪くない天気でしたが、離陸してすぐに雲に覆われ、釧路空港に着陸するまで地上の様子はほとんど見えないまま。

東京と北海道の間を通過している台風の影響もあるのでしょう。

 

釧路空港は濃霧注意報発令中

搭乗中に機内のアナウンスでは釧路空港はくもりとのことでしたが、到着してみれば霧が発生していました。

釧路は濃霧注意報が出ていたようです。

こんなんでレンタカー運転できるかな。

 

乗ってきた機体。

周りは霧で何もみえません。

 

到着口を出るとすぐにたんちょうの模型が飾ってありました。

そういえば、空港の正式名称は「たんちょう釧路空港」でした。

 

空港の外にでると鹿の模型もあります。

 

レンタカーを借りる

事前にレンタカーを申し込み済み。

今回もじゃらんレンタカー楽天トラベルを比較してポイントやクーポンを利用後の支払金額が少なかったじゃらんレンタカーで申し込みました。

 

制限エリアを出るとすぐにレンタカー屋さんがずらりと並ぶブースがあって、予約した日産レンタカーの人に名前を告げてしばし待機。

 

後から来たもう一組の人と一緒に送迎車に乗って行きます。

 

事務所は車でわずか数分の場所。

同じ敷地内に何店舗もあって、看板があるので見分けは付きますが事務所の造りはどこも同じ。

 

事務所で一通りの手続きを済ませて出発。

 

レンタカー申込時は車種が指定できず、マーチ・ノート・キューブ・ラティオ・ウィングロードのいずれかが配車になるという予約申し込み。

で、実際に配車されたのはマーチでした。

コンパクトカーなのですが、意外にパワフルで加速も良い。

我が家のワンボックスカーよりも格段に力強さを感じる。

同じ日産車なんだけどな~

 

午前10時前にはレンタカーを借りて出発できました。

最初は霧も濃かったけど次第に視界も良くなっていきました。

観光する頃にはもうちょっと晴れて欲しいところ。

 

とりあえず、最初の目的地は食事も兼ねて道の駅摩周温泉を目指します。

レンタカー屋さんからおよそ70㎞の道のり。

 

道の駅に行く途中で釧路湿原を展望できる場所があったのでちょっと寄り道。

釧路湿原が霧の影響で霞んで見える。

この後、走行していると運良くタンチョウ(1匹だけ)を発見。

車を停めずにそのまま通り過ぎてしまったが、これ以降タンチョウを見かけることがなかったので、一旦停車してでもよく観察しておけば良かった(無念)。

 

道の駅「摩周温泉」に到着。

道の駅・摩周温泉到着。

ここは阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖を観光する際の足掛かりにちょうど良い場所にあります。

釧路から北上する場合はまずここを目指していくことをオススメします。

 

入口の真後ろには足湯があって、誰でも無料で利用可能。

タオル等はもちろん置いてないので、自分たちで持参した物を使うことになります。

持ってきてない場合は、濡れたまま靴を履くか、乾くまで待つか。

入浴時間 24時間入浴可
泉 質:アルカリ性単純温泉
禁忌症:急性疾患、活動性の結核、重い心臓病、呼吸不全、妊娠中など
適応症:神経痛、筋肉痛、間接痛、疲労回復、冷え性など(道の駅摩周温泉サイトより引用)

 

スペース的にはそんなに広くありませんが、気温が低めの時にはありがたい存在になりそう。

でも今は夏なので・・・ほんの気持ち程度足を浸けて雰囲気を味わいます。

 

施設に入った右側には直売所があって、地元の野菜、お菓子などが取り揃えられています。

摩周メロンや極寒完熟マンゴーなんてのも置いてありました。

マンゴーって南国のイメージがありましたが北海道でも栽培されているのですね。

 

直売所の中では、お手頃なハンバーガーが販売されてました。

 

いくつかある中で選んだのは、えぞしかバーガーと弟子屈ポーク&摩周ビーフバーガー(上の2つの写真はどっちがどっちだか忘れました)。

好き嫌いの激しい娘にあえて何も言わずにえぞしかバーガーを渡すと、よくわからないままパクパク食べていました(途中で食べ慣れているポーク&ビーフバーガーの方が美味しいといって取り替えてましたけど)。

えぞしかの肉は、ハンバーガーのソースのおかげもあってか、クセを全く感じさせずまろやかな感じがして美味しくいただきました。

ビーフ&ポークよりもパテがやや小ぶりだったのがご愛嬌。

 

直売所の裏庭には野外のテーブルがあるので、屋外の開放的な場所でいただけます。

しかも、裏庭では無料の天然水が飲めるので、わざわざ飲料水を購入する必要がありません。

美味しいミネラルウォーターを飲みながらハンバーガーを食べると、これまた格別に美味しい。

ちなみに天然水はすごく冷えてます。

道の駅を出る前に、カラのペットボトルに天然水を入れて途中の水分補給に利用させてもらいました。

 

直売所の反対側にはインフォメーションセンターや情報コーナーもあるので、こちらで情報を仕入れてから目的地まで向かうのもまた良きかな。

 

次は摩周湖へ

休憩と昼食のために寄った道の駅摩周温泉は、利便性の高い場所にあるのでここを拠点にして複数のルートに足を運ぶことができます。

我が家はここから摩周湖に行き、そこから神の子池とさくらの滝を経由して、摩周湖を周回するようにして阿寒湖に向かいました。

次回はその様子を紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA