目指せ! ANAの上級会員・スーパーフライヤーズ!

きっかけ

2017年2月、家族で初めてのハワイ旅行に行きました。2月のハワイは雨期でしたが、比較的天気にも恵まれ、家族も喜んでくれたようです。

ただ、楽しいひとときを過ごせた反面、疲労もそれなりにあって、特に長時間のフライトでそれを感じました。

出発便では、夜の出発で朝に到着するため、機内でどれだけ質の良い睡眠をとれるかが重要。しかしエコノミークラスでそれを求めるのはやや無理があり、我が家はホテルの部屋に入るとすぐに昼寝タイムに。ハワイの貴重な時間が睡眠に取られてしまい、ちょっと勿体なかったかも。

帰国便では、途中から娘がぐずりだし、様子を気にしてのフライトたったのでリラックスすることなく日本に到着。

そこから疲れた体に鞭打って、休む間もなく車を運転して帰路につきました。家族は車中で寝ています。うらやましい・・・

ようやく自宅に到着した後も、すぐに就寝の準備と荷物の整理。あ~しんどい。旅行にはリフレッシュに行ったはずが疲れて帰ってくる。なんともおかしな話です。

そのとき、ふと義母が「疲れたけど、帰りの便ラウンジ使えたのは楽だったわ~」の一言。今回のツアーでは復路だけラウンジ利用がついていました。確かに搭乗までゆっくり出来たのは良かった。あの休憩時間が無ければもっと疲れていたかもしれません。

やっぱりラウンジが利用できるっていいなと思いました。

 

ラウンジ利用の条件

ハワイから帰ってきて数日たったある日、写真を整理していた時にふと、義母が言っていた言葉を思い出しました。
ラウンジをうまく使えないだろうか・・・

ネットで検索してみると、空港内にラウンジは複数存在していて、そのラウンジごとに利用条件は違うものの、主に次の条件がありました。

  • 航空会社の上級会員になる
  • ビジネス(プレミアムエコノミー)クラス以上の航空券を購入する
  • クレジットカードの上級会員(ゴールドカード等)となるカードを所有する
  • お金を支払う

といったところ。まぁ、それくらいはなんとなく知っていました。この条件なら、そこまでしてラウンジを利用したいとはあまり思いません。

 

理由はいたって簡単です。お金がかかるから!

ビジネスクラスのような座席を購入できるほど裕福なわけでもなく、もし、それだけ支払えるならその分をホテルのグレードをアップするなり、滞在日数を延ばす方を選んでしまうでしょう。

クレジットカードも年会費無料のもので充分ですし、ゴールドカードの年会費に見合うだけの価値を見いだせなかったこともあります。実際にゴールドカードのような上級カードは一枚も所有していませんでした。

そしてお金を払えばラウンジの利用は出来ますが、代金を払ってまでという思いがあるのが正直なところです。ただ、今回のツアーはH.I.Sを利用したので、H.I.Sのラウンジが使えました。もともとのツアーのパッケージにその分も含まれていたと考えれば、代金を支払ってラウンジを使ったことになるのでしょう。

でも、もしツアー代の中に含まれず、家族4人分の追加料金を支払ってまで利用したかと言われたら・・・しなかったと思います。きっと空港内をうろうろして時間を過ごしたはずです。

 

陸マイラーという存在

検索するうちにやけに目につくのが通称「陸マイラー」のブログ。

いろいろと調べていくうちにANAの上級会員を目指す記事が目立ちます

その上級会員になるにはまず、飛行機を乗りまくったうえでようやく達成できること、乗りまくるための航空チケット代がだいたい50万円ほどかかることになり、そこまでしてようやく上級会員としての資格が得られます。

そりゃ無理だわ・・・」仕事柄出張なんてあまりないし、プライベートで飛行機乗りまくれるほど、仕事休めないし、あまり飛行機を利用するような旅行もしないので、ハードルはかなり高めです。自分には無理かな。

最初はそう思っていました。えぇ、最初は・・・

しかし、無理だと思っていたのに、なんだかとっても気になる。

わかっているのに、検索してしまう。どうやって達成させているのだろう・・・と。

何日も確認していくうちに、もしかしてやれば出来るのではないかと思い始めている自分がいます。

仕事のスケジュールと搭乗フライトの都合を事前にうまく調整し、費用は普段からお酒やタバコに使うことはないので自分の貯金で捻出すれば、なんとか出来るんじゃないかと考えるようになってきました。

そしてハワイから帰ってきてから2ヶ月、とうとう「陸マイラーになる」と決心しました。

 

目指すはANAスーパーフライヤーズ(SFC)会員

出典:ANA

ハッキリ言って、飛行機を利用しての旅行なんて年に1回行くか行かないかの我が家。この先上級会員になったところで、約50万円もの大金を使っても費用対効果は見込めないことは、はじめから分かっています。

ではなぜそれを目指すのか?

答えは、面白そうだから!

自分自身が40歳半ばになり、キャリアもなんとなく先が見えてくる今日この頃。

仕事、家事、育児に追われて毎日を過ごしていくだけの人生でいいのだろうか?

若い頃のように、人生に何の役にも立たない、どうでもいいことでも、ばかばかしくも面白いことをしてみたいと思ったからです。

それと、人生経験のちょっとしたネタとして利用してみようという気持ちになりました。

 

まずはクレジットカードの発行から

出典:ANA

はじめに行動に移したのは飛行機のチケットを購入することではなく、ANAのクレジットカードの発行から始めました。スーパーフライヤーズ(SFC)会員になるときにはこのクレジットカードが必要になるからです。

今回は人生初めてのゴールドカードの申し込みです。年会費ありですが、カードポイントからマイルに移行する際の設定や、リボ払いなどの支払い方法を駆使すれば一般カードとの年会費にあまり差がなかったので、ANA・VISAワイドゴールドカードにしました。家族会員カードも今後活用出来るので一緒に手続きをします。

実はスーパーフライヤーズ(SFC)会員になると本人ばかりではなく、家族会員カードの所有者もスーパーフライヤーズ(SFC)会員としての待遇が受けられるのも大きな魅力です。私が会員資格を得るだけで家族も会員資格を得られるのは、なにげにすごいことかも。

手続きも無事済ませ、後日無事にゴールドカードも届き、これからスーパーフライヤーズ(SFC)会員に向けて挑戦していきます!

 

おわりに

陸マイラーの間ではスーパーフライヤーズ(SFC)会員になるまでを「SFC修行」といい、SFC修行している人のことを修行僧と呼ぶそうです。

また、無事に会員資格を得ると「解脱」という表現をするようです。

それと、今回初めてゴールドカードを取得したことで、空港のカードラウンジなら利用できるようになりました。当初の目的は達成できてしまったのですが、その先にあるものを目指し修行そのものを楽しんでいきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA