北海道旅行、すべて個人手配で予約してみました・旭川編

航空券を確保してから次にやること

舗装道路とキタキツネ

2018年7月に北海道に旅行する計画を立てています。

航空券はすでに予約してありますので、次は新千歳空港からの交通手段の確保と初日の旭川で宿泊するホテルを選びたいと思います。

 

まずはレンタカーをチトセレンタカーで4日間借りました

北海道の旅程は新千歳空港から旭川に向かい、その後富良野を経由してトマムに行き、また新千歳空港に戻る。この行程をこなすためには交通機関を利用するよりはやはりレンタカーを借りた方が何かと便利です。

5人での長距離ドライブになるので、排気量の小さい車ならレンタル料金が安くなるとはいえ、定員5人の乗用車でギュウギュウ詰めの中、4日間ドライブするのはややキツイ。なので、ゆとりを持ってワンボックスカーを借りることにします。でも4日間もレンタカー代って結構な料金なんですね。ちょっとびっくりしました。

ちなみに空港から旭川まで電車を利用するとこんな感じです。

路線情報

千歳空港から旭川まで電車で行くと仮定すると、1人あたり5,180円。そこから旭川=(1,070円)⇒富良野=(2,160円)⇒トマム=(3,430円)⇒新千歳空港と5人分だと単純計算で53,280円(子ども料金を半額とすると4.5人で計算)となります。これにもびっくりしました。

それ以外にも、観光場所に行くバスやタクシーも利用するのでしょうから、交通費だけでもかなりの出費になります。時刻表とにらめっこしながらの観光は正直めんどくさいです。

一方でレンタカーの場合は車のレンタル台と走った分のガソリン代と高速料金となります。

 

楽天トラベルレンタカー

まずは楽天トラベルのレンタカーサイトを経由して申し込みです。申込みのときに割引クーポンがあったのでもちろん利用させてもらいました。レンタルする金額によって割引額が変わっているようです。頻繁にクーポンを出しているみたいなので必ずチェックしてみてください。

 

 

全国的にもメジャーなレンタカー屋さんを選ぶなら、料金設定は高めだけど車も高年式なもので安心して借りられます。逆に、格安中古車だけれども格安な料金設定をウリにしているレンタカー屋さんもあります。あまり安さを追求しすぎて、整備もされていない車をあてがわれても困ります。広大な北海道で車が故障したときのことを考えると恐ろしいですし、後々自分が損をするハメになるかもしれません。それに、お店の対応も気になるところです。

 

チトセレンタカー

そこで、料金と車種とお店の口コミを参考にトータルバランスを考慮した結果、チトセレンタカーにしました。ワンボックスカーの割に値段的には安い方なのですが、その分年式が古く格安の中古車のようです。ただ、ここは口コミ情報もそんなに悪くありませんでした。

このタイプの車なら5人でも楽に移動できそうです。どれだけ古いのかちょっと不安ですが。

この金額だと、電車やバスと利用した場合よりも若干お得になるくらいでしょうか。これなら時間に縛られない分、レンタカーのほうが自由に行動できていいですね。なのでこのレンタカーを予約しました。

これで、北海道に向かう飛行機と、観光するためのレンタカーの予約をして交通手段を無事確保しました。あとは、宿泊するホテルを探していきます。

 

初日の宿泊は星野リゾートOMO7旭川に決定

初日は新千歳空港に到着後、旭川に向かいます。移動時間だけでもそれなりにかかってしまうので、このあたりで宿泊しようと考えました。どこに宿泊しようかかなり悩みましたが、複数の候補の中から3つに絞りました。

候補その1「天然温泉 神威の湯 ドーミーイン旭川」

ドーミーイン旭川の様子

こちらのホテルは露天風呂もあるし、朝食も和洋バイキングでイクラ盛り放題もあったりしてとても惹かれました。でも、イクラを好んで食べるのは5人中2人だけであまり意味がありません。料金もダブルベッドにすればかなりお得に泊まるのですが、私、妻、娘、母、義母の5人でどう組み合わせてもダブルベッドは厳しいので諦めました。マンガもあってリラックスできそうな気がするんですけどね・・・

 

候補その2 「アートホテル旭川」

アートホテル旭川の様子

こちらもかなり興味の引かれるホテルでした。素晴らしい景色を見ながら朝食を食べられそうですし、スパやラウンジもあってリラックスできそうな感じがします。最後の最後まで候補として残りましたが決定には至らず。選ばなかった理由はその時の「気分」だったというほかありません。

 

候補その3(決定) 「星野リゾートOMO7旭川」

星野OMO7

悩んだ末に決めたホテルは星野リゾートのOMO7旭川。

予約は直接ホテルの公式ホームページから予約しました。星野リゾートではベストレート保証をしているので、基本的に旅行会社やホテル予約サイトを経由するよりも安くなります。実際に、いくつかの旅行関連サイトで検索してみても、やはり直接予約した方が安かったです。

 

星野OMO7ツインルーム

部屋のタイプはツインルームを2部屋予約しました。上の写真くらいの大きさなら子どもは添い寝でも行けそうです。ベッドの間にある電話台を移動してベッド同士をくっつければ、子どもが落ちないようにできそうです。最初からそうしてもらえてるとありがたいですが。

 

星野OMO7予約タイプ

早割60での予約が利用できたのでこのプランで申込み。朝食が有りか無しが選択できましたが、差額の1,500円/人で朝食が付くのであればお得ですし、6歳の子どもの分は料金が発生していないようなので、トータル的にも朝食付きがお得だと考えて申し込みました。ちなみにこの段階で子どもの分の朝食代がどうなっているのかは未確認ですが。

 

星野OMO7スパ

OMO7にもスパもあるようです。宿泊者には割引があるようですが、無料とはいかないようです。画面を見た感じだとそんなに広くなさそうですが、楽しそうな雰囲気はありますね。利用時間が14:00~23:00と朝の時間帯に入れないのが残念です。

ここは、2018年4月28日リニューアルオープンしたばかりですし、雰囲気も良さそうでしたのでこのホテルに決めました。

なんといっても「星野リゾート」系列ですしね。

 

まとめ

結果的に3つの候補の中から星野リゾートOMO7旭川を選びましたが、決め手となったその理由は、ずばり「なんとなく」でした。強いて言えリニューアルオープンで新しくなったこともあり、きっと綺麗なんだろうな、程度の差でした。

ドーミーイン旭川もアートホテル旭川もそこを選んでいればきっと満足できたであろうホテルではないかと思います。悩んだ末にOMO7旭川となりましたが、自分の直感を信じて滞在してきます。

それと、旭川から少し離れていますが、層雲峡という場所もとてもよさそうな雰囲気のホテルもありました。いつかの機会に行ってみたい場所です。

今回はレンタカーと初日の予約をご紹介しました。次回は2~3日目の宿泊する予定を紹介したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA