’18秋 シェラトントーキョーベイホテル滞在記 ディズニーと宿泊どちらが先がいいか検証してみた

今までと逆の行動パターンで

ディズニーランドに遊びに行くときは、我が家ではここ最近お決まりのパターンで行動していました。

ディズニーランドの開園に向けて朝早く自宅を出発し、午前中にアトラクションに可能な限り乗ります。午後は休憩を兼ねてシェラトンホテルで体を休め、夕食を済ませてから、再び夜のパレードに合わせて遊びに行き、閉園時間まで遊び尽くす。

そして、翌日はホテルでゆっくりしてから自宅まで帰るようにしていました。

しかし、今回は日曜日から月曜日に遊びに行く行程で、ディズニーランドには空いている平日の月曜日に行く方が良いと考えました。そのため、いつもとは逆に最初にチェックインしてからホテルライフを楽しみ、翌日にディズニーランドで遊んで帰るというパターンとなります。

いつもと違う逆パターンだと、どのように行動が変わるのか検証してみました。最初にディズニーランドで遊ぶパターンは以前のブログを参考にしてください。

 

 

チェックイン時間まではクラブ特典を利用して施設で遊びます

ラウンジでのんびりと

チェックイン時間の2時間前、午後1時にホテルに到着したので、部屋に入るまではラウンジでコーヒーでも飲みながらノンビリ・ゆったりとした時間を過ごします。

 

クレーンゲームでプーさんゲット

小学生の娘には、ラウンジで落ち着いて過ごすなんてことはまだまだできなため、義理母にお願いしてオアシス2階にあるトレジャーズアイランドとナムコランドに向かい、遊ばせたりして面倒見てもらいました。

 

プール 大浴場

チェックイン後はプールと舞湯も利用しました。トレジャーズアイランドも含めて、これらはクラブルームに宿泊した際のクラブ特典で無料になるのでとてもありがたいです(ナムコランドでのゲームは有料)。子連れなら遊ばせられる場所がたくさんあってチェックイン前からクラブ特典でそれを利用できるので午前中にホテルに来てクラブ特典を満喫するのも良いですね。

チェックイン後のお部屋の様子はこちらから

 

イブニングカクテルサービス時間では心ゆくまでお酒を楽しめました

とりあえずビール

イブニングカクテルサービスは午後5時から。ただ、今日はかなりの混雑が予想され、待たされるかもしれないと事前にアナウンスされており、実際に午後5時にはすでに入口で行列になっていました。

名前を告げると、満席のため席が用意できたら電話するとのことで、一旦部屋に戻ります。40分ほどで電話が鳴りようやく案内されました。こんなに混んでいるラウンジは初めてかも。

 

リキュール

前回まではカクテルコーナーにはバーテンダーがおり、丁寧に作っていただいていましたが今日はいません。さすがに満席の状態で丁寧に作っていたら相当時間がかかるため、あえて配置しなかったのかもしれません。そのため自分で勝手に作り放題です。

 

オリジナルノンアルコールカクテル

自分でお好みでカクテルを作るのも面白かったです。数種類のレシピの紹介もありました。子どもにもグレープフルーツジュースとブルーキュラソーシロップのカクテルを作ったら喜んで飲んでました。

 

スパークリングワイン

いつもならこの後、またディズニーランドへ向かうためあまり酔わないようにしていますが、今日はその予定は無いので、ビール、ワイン、カクテルと心ゆくまでお酒を楽しみます。同じ時間帯に、食事も提供されるのでお腹も満たされるので大満足です。お酒を飲まない家族は先に部屋に戻ってもらい、ひとりでゆっくり飲ませてもらいました。

 

コーヒーマシーン

イブニングカクテルサービスの時間が終了してもラウンジは利用可能なので、引き続き、あるいは再びラウンジに訪れてコーヒー他ソフトドリンクを飲みに来ることも可能です(ラウンジは23時で終了)。

ちなみに朝も食事の提供開始30分前からラウンジが始まり、ソフトドリンクのサービスがあるのでコーヒーを飲みながら朝食を待つこともできます。

これらはすべてラウンジ利用の中に含まれるので、追加料金はありません。ありがたいことです。

 

レイトチェックアウトは利用せず

SPG専用カウンター

SPGゴールド会員はホテルのチェックアウトが通常よりも長く、14時まで延長することも可能です。新プログラムによる統合前は16時までだったので2時間短くなりましたが、それでもありがたいです。ただ、今回は朝からディズニーランドへ向かってしまうので8時前にはチェックアウトしてしまいました。

ディズニーランドに遊びに行くとなると、チェックイン・アウトのどちらかでホテルでの滞在時間が削られることになってしまうのが悩ましいところです。娘は早く行きたいのでしょうが、夢がない私には「夢の国」に行くより現実のホテル滞在を楽しみたいところです・・・

 

検証結果報告

パターン① ディズニーランドで遊んでからシェラトンホテルに宿泊し、翌日ホテルでノンビリしてから帰る

メリット
・チェックイン後に部屋で休憩して体力回復できる
・ディズニーランドの午後の混雑する時間帯を避けることができる

デメリット
・出発の朝はディズニーランド開園時間に向けて朝早くから行動しないといけない
・夜に再びディズニーランドに向かうためラウンジでのカクテルタイムがあまり楽しめない

 

パターン② シェラトンホテルに宿泊してから翌日ディズニーランドで遊びそのまま帰る

メリット
・出発の朝は比較的ゆっくりできる
・チェックイン前からラウンジ他、クラブ特典を存分利用できる

デメリット
・ディズニーランドを開園直後から楽しむのならチェックアウト時間が早くなる
・翌日が仕事の場合、夜のパレードまで見ると、疲れた体で仕事に行くことになる

※両パターンともシェラトンクラブ特典が利用できる前提で検証しています。

 

まとめ

午後のパレード

いつもの行動(パターン①)ではなく、今回はその逆の行動(パターン②)を試してみました。

結果的には、パターン①の「ディズニーランドで遊んでからホテルに宿泊」のほうが個人的にはやりやすいと感じました。我が家は自分を含めて体力があまり無いので一度休憩できるのはありがたいし、自宅に帰ってきた翌日は仕事の日が多いので、なるべく体力を温存しておきたいと考えるからです。

ただ、どちらにも一長一短あるので、その人の行動や楽しみ方も違ってくると思います。若い人や体力がある人はこんなこと考えなくても良いでしょうし。

また、ディズニーとホテルのどちらに重きを置くかによっても変わってくると思うので、今回の検証を参考にしてもらえればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA