インターコンチネンタルグループ(IHG)のエリート会員であるアンバサダーになってみた

突然のご招待

2018年5月のある日、突然ANAよりインターコンチネンタルホテルグループの会員にご招待されました。私の人生の中でも、ほとんど宿泊した実績のないホテルグループでありましたが、当時ANAの会員資格がプラチナエリートだったこともあって、平会員、ゴールド会員を飛び越えていきなりプラチナ会員としての招待です。きっとANAの会員資格とのステータスマッチで同等レベルの資格を付与してくれたのでしょう。

 

しかし、せっかく資格を付与していただいたにもかかわらず、その後も利用することなく月日が過ぎ去っていきます。

 

スターウッド系ホテルがお気に入りでしたが

もともと、スターウッド系列ホテルで特典を享受できるSPGアメックスカードを所持しているので、ゴールド会員としてシェラトングランドトーキョーベイホテルで利用させてもらうなど、SPG・マリオット系列のグループを特に贔屓にしていました。

 

2019年ゴールデンウィークにシンガポール旅行を計画するときも、SPG・マリオット系列ホテルを中心に探していましたが予算的に折り合わず、最終的にIHGグループであるインターコンチネンタルシンガポールに決定しました。インターコンチネンタルはIHGグループ中でも最上位にあるホテルにもかかわらず、思っていたよりも格安の料金で泊ることが出来ました。結果的としてこれが今回のインターコンチネンタルのアンバサダー資格を得ようとしたきっかけになったことは間違いありません。

 

プラチナエリートといっても

シンガポールでインターコンチネンタルホテルに宿泊した際、まだIHGのプラチナ会員期間中での滞在でしたが、部屋のアップグレードであったり、朝食やクラブレベルをおまけで付けくれたりするような上級会員としてのおもてなしをあまり受けられずにチェックアウトとなりました。

後で確認したところ、IHGのプラチナ会員であったとしてもインターコンチネンタルホテルではお部屋のアップグレードなどは「けっこう渋い」らしい。

実はインターコンチネンタルホテルはIHGグループ会員としてのエリート資格とは別に独自の会員資格を設定していて、この資格を持っている人を優先しているようです。

それなら、しょうがない。紹介してもらったプラチナ資格であまり贅沢いってはいけませんね。

今後、IHGホテルグループを利用していくかどうかも分からないし、ほどほどにお付き合いしていくつもりでした。

ところが・・・

シンガポールから帰国後、IHGサイトで獲得したポイントをチェックしてみると、なんと5泊の滞在で得られたポイントは43,649P。ボーナスポイントを付けていたのを忘れていました。一気にこれだけのポイントが得られたのはビックリです。

でも、SPG系列のポイントは各航空会社のマイル交換比率が高いのに比べ、IHGのポイント自体の価値はそこまで高くないようです。

ただ、得られたポイント43,649Pのうち、37,967Pがエリート資格対象ポイントとなっている(どんな計算方法か分かりませんが)ようで、プラチナエリート(40,000P)や、さらにランクが上のスパイアエリート(75,000P)の資格を維持・獲得できるチャンスにも繋がってきます。プラチナエリートならあと2,033Pあれば来年も資格を維持できるところまで来ています。

IHGってけっこう簡単にステータス維持できるかも?この状態を見て、単純にそう思いました。

もしかしてプラチナエリートでは、あまり特典が受けられなくても、その上に行けば・・・なんて欲が出てきます。

 

こうなったらロイヤリティプログラムに参加しちゃう

ということで、インターコンチネンタルのロイヤルプログラムであるアンバサダーに参加しちゃいます。

 

アンバサダーに入会するには、年会費がかかります。ANAから無料で招待ではないので実際に支払いが生じます。

このアンバサダープログラムはIHG会員としての登録がなくても入会できます。そしてなんといっても入会すれば自動的にIHG会員のプラチナ会員の資格が得られてしまいます。いきなり2階級特進です。

そう考えると、プラチナエリートとはいえ、やはりステータス的にはあまり高くはないのかもしれません。あまりに敷居が低すぎて、ランクが1つ下のゴールド会員だと、もうエリートという感覚すら持てないのかも?

 

一応私もANAから招待してもらってプラチナエリートになった身分ですが、あらためてアンバサダー会員の登録をしていきます。

 

 

入会には年会費200USドルを払います。これは日本円でなくドル決済になるようです。

為替が大きく変動していないならあまりこだわることもないとは思いますが、少しでも安く済ませるなら円高ドル安のタイミングを見はからって決済するといいのかも?

それと、IHG会員であれば、ポイントで支払うことも可能。この場合は40,000Pを消費します。高いのか安いのかよく分かりませんが、どうせ使う予定のないポイントなのでここで使ってしまいます!

最後に利用規約にチェックして登録完了。

 

これでインターコンチネンタルのアンバサダー資格取得です。

 

もともと資格のあったIHGプラチナエリートに加え、インターコンチネンタルアンバサダーの資格を照明する会員証もオンラインで表示されるようになってました。

ちなみに私のステータスは「プラチナエリート」から「プラチナアンバサダー」という名称に変更されてます。

 

アンバサダー会員特典はこれだ

客室アップグレード保証

ホテルご滞在のたびにチェックイン時にワンランク上の客室へのアップグレードを適用いたします。ワンランク上の客室とは、料金をお支払いいただいた客室カテゴリーより1つ上の客室を指します。

 

プライベートチェックアウト&うれしいおもてなし

午後4時までのレイトチェックアウトに加え、レストラン&バーの最大20USドル相当のご飲食クレジットもご利用いただけます。ミネラルウォーターとインターネットサービスは無料です。

 

ウィークエンド無料宿泊

ウィークエンド無料宿泊は、アンバサダー ウィークエンド無料宿泊レートにて有料で週末にご宿泊いただいた際の2泊目にご利用いただけます。地域によって週末の設定が異なる場合があります。
アンバサダー会員のお客様は ウィークエンド無料宿泊をご予約いただけます。

 

IHGリワーズクラブ プラチナエリート ステータス

プラチナステータス

アンバサダーにご入会いただくと同時に、IHGリワーズクラブでのプラチナエリートステータスが付与されます。IHGリワーズクラブは、世界5,500以上のIHGホテルでのご滞在のたびにポイントを獲得いただけるホテル ロイヤリティプログラムです。

 

アンバサダー特典としては4つですが、IHGの特典が状況によって利用できなかったり保証されていなかったりと不確定要素があるのに対して、アンバサダー特典は4つとも保証されているところがとても魅力的に感じられます。

客室アップグレード保証だけでも自分の望む客室よりワンランク下を選んでも望み通りの客室となり、その差額分だけでももしかしたら年会費の元が取れるかも。

 

今後の方針

せっかくアンバサダーになったのであれば、これからはインターコンチネンタルホテルをもっと活用していこうと思っています。もしかしたら、IHG資格もプラチナから最上級のスパイアに変わるな可能性もありそう。

ちょうど、特典航空券を利用したハワイ旅行を断念したばかりだし・・・

 

なので、ハワイ旅行に変わる「別のプラン」を思案中。もちろんインターコンチネンタルホテルを利用したプランにしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA