‘19石垣島 インターコンチネンタル石垣⑥ アクティビティが充実! プール? ビーチ?それとも庭で遊ぶ?

豊富なアクティビティの中でも

インターコンチネンタル石垣リゾートでは、アクティビティを豊富に揃えていて、プールとビーチはその中でも自慢のアクティビティだとホテル側も自負しているのではないでしょうか?

台風直撃での滞在だったため、プログラムの全てが利用できた訳ではありませんでしたが、台風影響下の中でできる限り遊んできたのでそれをご紹介していきます。

 

海水を取り入れたプールで

まずはインドアプールから。

キッズルーム奥にある自動ドアが入口となります。プールの案内板もあるのですが、キッズルームの入口という印象が強くて一瞬見逃してしまいそうになります。

 

インドアプールの入口に来ると、手前でプール専用タオルを貸してもらえます。一応部屋番号を確認されました。

タオルの貸与場所はここ一ヶ所しかないので、アウトドアプールを利用する場合でも、インドアプールに来ないと借りられません

営業時間:9:00~21:00 ※季節により営業時間が変動する場合がございます。

対象年齢:12歳以下のお子様は保護者同伴

水着の貸し出しは行っておりません。

(引用:インターコンチネンタル石垣リゾート)

 

ベッドチェアーは早い者勝ち。営業の開始・終了の時間帯は比較的確保しやすいのですが、利用人数に対して絶対数が足りないので、空きを見つけるのは至難の業。アウトドアプールの利用している人も休憩するときはインドアプールで!という人もいると思われます。

プールの水は真水ではなく、海水を取り入れているためしょっぱいです。

 

インドアプール自体は、流れるプールのような仕掛け等はないので海水を取り入れているという事以外は普通のプールと同じ。

真ん中にあるジャグジーは温水なので、体が冷えたらここで温められます。

長時間居座っているのはだいたい大人が多かったかな。

 

ビーチチェアの奪い合いは必至

続いては中庭にあるアウトドアプール。

こちらは確か海水ではなく、真水だったと思います。

営業時間:9:00~17:00 ※季節により営業時間が変動する場合がございます。

対象年齢:12歳以下のお子様は保護者同伴

※営業時間外のプールエリア内における事故等に関しては責任を負いかねます。

(引用:インターコンチネンタル石垣リゾート)

 

こちらのプールでも、ビーチチェアは明らかに不足している気がしました。

台風がすぐ近くまで来ていたため最低限の数しか出していなかったのかもしれませんが、利用者数に合わせて多めに用意してあっても良いのではと思いました。

それなりに格式あるホテルなんだから、もう少しホスピタリティがあっても良かったかも。

それとも常にこの数なんでしょうか?

 

滝の裏側。

 

プールの中島にはアーチ型の階段橋を渡って行けます。ちなみに中には人がいませんでしたので、プールサイドでトロピカルジュースを飲みながらリラックスタイム・・・なんてことは出来ませんでした。

台風ですし、やむを得ません。

ちなみに、左側の建物はインドアプールのあるところ。

 

ウォータースライダー。小さい子どもでも楽しめるくらいのスライダーで、親子で滑ってもOK。

ただし、スライダーのスタート地点にはスタッフがいなかったので滑るタイミングは自己判断でした。

それっていいのかな?監視員は一応見てくれてはいましたが。

 

プール奥側。

 

柵の内側はキッズプールになっていて、水深が浅くなっています。

 

アウトドアプールの営業時間は17時まで(季節による)だったので、その時間以降は利用できません。

ライトアップされて雰囲気も良さそうなので、この時間でも利用できるようにすれば良いのにと思ったのは自分だけではないはず。

監視体制の関係でしょうか。

 

涼しい夜に中庭で遊ぶのも

日が沈んでからはプールだけではなく、中庭も部屋の明かりやホテル内の照明もプラスされて、いい感じです。

日中の熱い日差しの中よりも、暗くなってからの方が涼しくて気持ちが良いかも。

 

レストランがあるヴィレッジスクエア前。

目の前のはプールではないので泳がないように!

 

大人数でも一緒に座れるソファなんかもあります。

 

夜の散歩をしてみてはいかがですか?

 

中庭にあるステージでは、島唄ライブや三線ショー、エイサーなどの催しが行われているようで、この日もショー開始前の準備をしているところを見かけました。8月中は日替わりで開催されているようです(日によって内容が変わります)。

 

店じまいするマエサトビ-チで遊ぶ

インターコンチネンタル石垣リゾートの目の前にあるマエサトビーチは、石垣島でも指折りのビーチとなっています。

そんなビーチで遊ぶことを夢見ていましたが、台風に備えて店じまい。このレジャーハウスで体験ダイビングなどのマリンアクティビティや、レンタサイクルなどのアクティビティの総合受付になっているのですが、行ったときにはもうそんな雰囲気ではありませんでした。

この日だけは、まだ晴れ間も見えていただけに、残念です。

 

マエサトビーチへ続く通路。

 

ビーチにやって来たのが午後4時ということもあってか、誰一人としてパラソルやチェアを利用している人がいませんでした。ホテル宿泊者は無料で借りられるはずですが、レジャーハウスが台風に備えて営業終了してしまったので仕方ありません。

 

安全ブイもあるのでその内側で遊泳できます。波も穏やかですし、よく見れば波打ち際にも小魚やカニもいたりして、ここなら小さな子どもでも楽しく遊ばせられそうです。

 

ビーチは小石やサンゴがあったりするので、裸足やビーチサンダルで入るよりはウォーターシューズがあった方が安心です。

台風さえこなければ、マリンアクティビティやマエサトオーシャンパークも出来たはずなんですが、その姿はありませんでした。

 

本来ならこんなふうに遊ばせてあげたかったのですが、出来なくて残念。

 

頭上を飛行機が飛んでます。良い天気なんだけどなぁ~、台風がうらめしい。

 

まとめ

せっかく石垣島に来たのなら、いろんな観光スポットに行って旅行を満喫したいと思うのは当然のこと。

私たちも初めての石垣島旅行なので行きたい場所は盛りだくさん。

でも、外にはあまり出かけずゆっくりしたい人でも、インターコンチネンタル石垣リゾートならホテルの敷地内だけで過しても充分にリゾート気分を味わえます。

インドア派・アウトドア派どちらにも対応しているインターコンチネンタル石垣リゾートはオススメのホテルです。

石垣島の旅行を検討する際は候補の1つに挙げてみてはいかがですか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA