‘21 北海道 ニュー阿寒ホテル宿泊記① ホテル内施設について

宿泊先の阿寒湖方面へ

さくらの滝から道の駅を経由して、本日の宿泊先であるニュー阿寒ホテルへ向かいます。

途中で道の駅摩周温泉でおやつ休憩をとりましたが、車の往来があまりないため90分くらいでホテルに到着できました。

 

ホテル外観

ホテル到着。

入口の前で荷物を降ろしてロビーで待っててもらい、その間に車を駐車場へ。

すぐ横の駐車スペースはすでに埋まっていたため、従業員が運転するワンボックスカーに後についていき、少し離れた宿泊者用の駐車場に停めてからそのワンボックスカーに乗って戻ってきました。

また車を利用する場合は送迎してくれるようです。

 

入口。

ホテルは新館のシャングリラと、別館のクリスタルがあるようですが、別館の方はオープンさせていなかったのか、照明が消えていました。

コロナ禍で宿泊客も少ないようです。

 

ロビー

ホテルの中は吹き抜けになっていて、開放的な印象を受けます。

入口のすぐ前にチェックインカウンターがあって、部屋にはその後ろにあるエレベーターで向かいます。

 

チェックインカウンターの後ろ側にウェルカムドリンクコーナーがある。

自分がチェックインしている間に、すぐ横のソファでウェルカムドリンクを飲みながら待っててもらう。

 

ウェルカムドリンクコーナー。

左側から一方通行で時計回りに進んで行く。

 

最近見かけるようになってきた画面をタッチして選択するタイプ。

ジュースだけでなく、おとなりにはコーヒーもちゃんとありました。

 

まりも羊羹はお一人ひとつまで。

できれば白あん、ブルーベリー、イチゴとあるので一通り食べてみたかった。

 

ウェルカムドリンクコーナー裏の喫茶コーナー。

訪問したときはコロナ禍だからか、こちらも営業していないようでした。

 

ホテル内にあるおみやげ屋さん。

敷地面積が広いので、おみやげの種類もたくさんあって選び放題。

北海道らしいおみやげがたくさん用意されていました。

 

ビールの銘柄は、やっぱりサッポロ。

 

阿寒湖といえばマリモで、それにちなんだお菓子もあった。

中央にあるお菓子がこのお店で人気ナンバーワンだそう。

ホワイトクリームをウェハースで挟み込んであるもので部屋にも置いてありました。

お菓子自体に目新しさはなく、どこぞのものと同じで、たんにパッケージだけ変えているだけのような・・・

好きなお菓子だし、まぁいいか・・・

 

エレベーター乗り場

チェックインカウンター裏側のエレベーター乗り場。

豪華な造りのように見えるけど、宿泊者じゃないと回り込んでまでこちらには来なさそうなのでちょっと勿体ないかな。

 

エレベーターの前には、浴衣が置いてあった。

自由に利用できるようになっていました。

部屋にも置いてあるので、サイズ変更とかなければ別に持っていく必要なし。

 

ゲームコーナーは休業中

地下1階にあるゲームコーナーは休業しているようで利用できませんでした。

 

縁日

ホテルの3階で縁日をやっていたので夕食の後に参加してみた。

10枚綴りでたしか700円くらいだったような気がします。

 

スペース的にはさほど広くないが、あまり人もいなかったので各コーナーを見ながら挑戦してみます。

 

縁日では定番の金魚すくい。

すぐに破れないようにすこし厚めのすくい紙だったので、何匹かすくうのに成功できてご満悦。

すくった金魚は持ち帰りも可能のようですが、さすがにそれはちょっと・・・

その場合はすくった金魚の数だけ「うまい棒」をもらうことができます。

長いドライブの合間のおやつにちょうどいい。

 

射的にも挑戦。

なかなか倒れず。

なにやらガンプラも混じってます。

おもわず大人の自分も挑戦しようかと考えましたがやめておきます。

 

別のコーナーではガンプラがチケット2枚で交換可能。

説明と呼んでみると、暇つぶしに制作したガンプラのようです。

ファースト世代なので、その時のガンプラがあれば引換えたかったのですが、あまりない。

 

大浴場と天空ガーデンスパ

9階にある大浴場は、男女別に分かれた温泉と、水着を着て男女一緒には入れる天空ガーデンスパが楽しめます。

天空ガーデンスパはいわゆる温水プールみたいな感じ。

 

エレベーターと温泉入口の間に湯上がり処があるので風呂上がりの待ち合わせにどうh。

窓の景色は阿寒湖と反対側。

 

小上がり和室もある。

極冷えのお水とジュースは飲み放題。

 

ひと口大のアイスも用意されていました。

一人一つまでで、無くなり次第終了なので、早めに来ないとなくなっていそう。

 

温泉はホテルサイトより引用してます。

横長なので割と混んでいても窓の景色は見やすいかも。

24時間営業なのですきな時に利用できるのはとても便利。(10:00~12:00は清掃のため入浴不可。0:00~5:00はスタッフ不在)

 

天空ガーデンスパは大浴場の脱衣所から階段を登っていくと利用できます。

階段を上る手前に水着が用意されているので、持参していなくても大丈夫。

そのまま裸で行かないように!

ちなみに天空ガーデンスパは撮影禁止となっていたので写真はなし。

これはちょっと不満です。

裸エリアじゃないんだから別に写真撮らせてくれてもいいのにと感じました。

 

夜も営業しています。

朝5時から夜の11時まで利用できるので天気が良ければ星空の元で入ることができるかも。

季節にあわせたイルミネーションを演出しているようなので、面白そうです。

うちは残念ながらその時間にお出かけしてしまったので夜は入れず残念でした。

 

次回は食事編です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA