W大阪宿泊記③ 朝食は子連れ&事前に申し込みしておくと、かなりお得であることが判明。

強気のお値段設定

マリオットヴォンボイの無料宿泊特典を利用しての滞在のため、朝食が付いていない素泊まり予約。

朝食は一人4,800円もするので、いつもなら即決でコンビニ朝食にしてしまうお値段設定ですが、無料宿泊だし少しくらいは贅沢してもいいかな。

それにW大阪の朝食は評判が高く、こんな時じゃないと行く機会はそうそうないので、利用してきました。

その時の様子をご紹介します。

ホテルの外観とお部屋の様子はこちらから

 

 

 

レストランは3階にある「Oh.lala…」

朝食は7時から営業。

なるべく混雑する前に食事を始めたかったので営業開始直後にレストランへ向かいました。

案の定、まだ数組しかテーブルについておらず、静かな雰囲気が漂っている。

願わくば窓側席が良かったけど、案内されたのは壁側の4人掛けのテーブル席。

希望を伝えれば窓側席に案内してくれたのかもしれないけど、そこまでのこだわりはないのでそのまま着席。

でもソファー席だったのでゆったりと座れたのでその点は良かった。

 

席に着いたら卵料理とコーヒー(紅茶)を選びます

テーブルに座るとメニューが渡されて、まずはお好みの卵料理とコーヒーか紅茶を選びます。

卵料理で選んだのはこちらのエッグベネディクト(アボガド+カンパーニュ)

 

娘はプレーンのオムレツ。

この他にも下記の卵料理が選択できます。

①お好きな卵料理(TWO EGGS YOUR WAY)
オムレツ/スクランブルエッグ/グリーンスクランブルエッグ/2種の卵のフライエッグ/ボイルエッグ/ポーチドエッグ/エッグベネディクト(アボガド+カンパーニュ)
サイドディッシュ
ハム/ソーセージ/ベーコン/ベジタブル/ポテト
②フレンチトースト(FRENCH TOAST)
アップルと生姜のコンポート・ミックスベリー
③チーズカンパーニュトースト(CHEESY CAMPAGNE TOASTS)
パルメザンチーズ・バター・黒胡椒・ハニーナッツ・クリームチーズ

コーヒーはカプチーノ、カフェラテ、・・・紅茶はダージリン、・・・と覚えきれないほど種類がたくさんあってお好みに合わせて用意してくれます。

 

ビュッフェはレストランの両サイドに用意されている

卵料理をオーダーしたらさっそく他のお料理を取りに行きます。

ビュッフェ形式なので、自分の好きなものを好きなだけ、心ゆくまで食べてみる。

 

窓に向かって右側に用意されていたのがクロワッサンやデニッシュ、カンパーニュなどが置かれていました。

娘と二人でどれにしようかな?なんて話をしていると、スタッフからドーナツは後で持ち帰り用を用意しているので、もしよかったらそれ以外のパンをたくさん食べていってくださいねとのレクチャーを受けました。

ということで、ドーナツ以外を選んで食べていこう。

種類はそんなに多くないけど、ひとつひとつがとてもおいしくてクオリティがとても高いと感じました。

 

パン各種はレストランの窓側に向かって右側にありましたが、それ以外は左側に用意されています。

こちらのほうが圧倒的にメニューが取り揃えられている。

まずはシャルキュトリー。

コッパ、鶏ハム、スモークサーモン、生ハム、サラミ、モルタデッラとある。

初めて聞くようなものもあって、とりあえず一切れずつお皿に載せてみる。

 

サラダの種類は少なめ。

個人的にはビュッフェの時にそんなにサラダ系は食べないのでこれくらいでもあまり問題ではない。

 

でっかいチーズをスプーンで削り取っていくのがなんとも豪快です。

普段はあまり好んで食べないチーズもせっかくなのでちょっとずつカットして食べてみました。

やっぱり馴染みのあるカマンベールチーズが好きかな。

 

フルーツは食べやすいようにカットされているのでありがたい。

大好きなキウイをたくさん食べちゃいました。

 

ホットフードもちゃんと用意されています。

 

フレンチトーストもある。

デニッシュが美味しくて何個も食べたので、フレンチトーストまではお腹に入りませんでした。

それでも食べておけば良かったかな。

 

全体的に洋食メニューが多い中、ちゃんと和食系も用意されていました。

でも全体的には種類は少ないので、今回は和食系に手を伸ばすことなく終りました。

 

凹んでいる一画にはスムージーや乳製品が陳列されていました。

 

氷を敷き詰めた上に瓶に入ったマンゴースムージーとグリーンスムージーが置かれている。

どちらのスムージーもとてもおいしく、3回ほどおかわりします。

小さいコップくらいの量なので、ビールジョッキまではいかなくても、居酒屋でチューハイを注文したときくらいのグラスで飲みしたかった・・・

 

両サイドの棚には牛乳、ヨーグルト、ミューズリー、サーモンのマリネ、シーザーサラダなど置かれていました。

 

バターは一切れずつ用意されていた。

市販のバターじゃないところにW大阪の意気込みを感じます。

結局、バターは使ってませんが・・・

 

一通りお皿に乗っけたらテーブルに戻って、家族揃ったところでいただきます。

一気に全ての物をテーブルに置くことは出来ないので、数回おかわりをしながらいろいろなものを試させてもらいました。

 

まとめ

W大阪のレストランは「アジアのベストレストラン50」8位にランクイン(公式サイトより引用)しているいうことで、一体どんな感じなのだろうととても期待してレストランに向かいました。

実際に、それぞれのお料理はとても完成度が高く、どれもおいしくいただきました。

メニューの種類はやや少なめなようにも思えましたが、量より質を追求していると思えば納得できます。

いろんな面で刺激的なホテルでしたが、朝食では奇抜なことはせずにラグジュアリーホテルらしい内容でした。

ちなみに、朝食は掲載されている料金よりも割引されています。

これは事前(チェックインの時)に申し込みしたことで割引になっているようです。

しかも、大人二人分だけで、子供(10歳)の分は請求されていませんでしたので、結果的にはお得に朝食をいただけたと思います。

これなら子連れの方にもオススメできますので宿泊時の参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA