ANAの上級会員・ブロンズメンバーになりましたが、実は・・・

メールでお知らせが来ました

2017年、ANAのSFC修行を決意し4ヶ月、プレミアムポイントを順調に積み重ねた結果、ANAプレミアムメンバーであるブロンズメンバー昇格基準に達しました。搭乗を終えてから2日後に、こんなメールがANAから来ました。

 

ブロンズメール

「ブロンズ」メンバーとなるには、ANAマイレージのマイルとは別にプレミアムポイント(PP)を1月から12月までの1年間で30,000PP(うちANA運航便15,000PP)獲得した人だけに与えられます。実際に飛行機に乗らないともらえないポイントなので、このために厳しい(?)修行に耐えなくてはなりません。そして今回、ようやくその結果がこのように目に見える形であらわれました。

でも、これはあくまでも本来の目的である「プラチナメンバー、SFC会員」の一歩手前に過ぎませんが、それでも一応の成果が出たことはとてもうれしく思います。

修行内容はこちら

 

 

 

 

 

 

事前サービスが利用できます。

しかし、メールの通知をよく見ると、「来年度」のプレミアムメンバーとあります。

ブロンズに昇格したのが2017年7月であり、正式なメンバーとなるのは2018年4月からのようです。あと9ヶ月もありますね。長い・・・

それまでの間、ただ待つだけなのかというと、実はそうではありません。正式なメンバーになる前に、先取りでプレミアムメンバーサービスが利用できるのです。すべてのサービスではないものの、内容的にはほとんど変わりなく利用できます。これはありがたい!

早めにメンバー資格を取れば、それだけ長い期間事前サービスが受けられます。頑張った甲斐がありますね。

 

ANAホームページの表示が変りました!

さっそく、ANAのホームページでログインしてみると、画面が変っているのが分かります。

 

ANAHP変更

普通のANAマイレージクラブ会員から、ブロンズメンバー用にマークが変っています。さらに、マイメニューの画面を表示させると、

 

ANAマイページ

こちらもやはり、ブロンズメンバー用の画面に変っています。プレミアムメンバー専用デスクのボタンをクリックしてみると、ブロンズメンバー専用のお問い合わせ電話番号もありました。隣には、「ブロンズサービスのご案内」ボタンも追加されています。

平会員とのインセンティブがこんな形で表されるようです。

 

ブロンズメンバーの待遇

実際にブロンズメンバーになるとこんな感じの待遇が受けられます。(2017年現在)

プレミアムメンバー専用サービスデスク
・ラウンジのご利用
・座席クラスのアップグレード( 事前サービスでの利用不可)
・国内線座席指定の優先
・ご予約時の空席待ちの優先
・優先チェックインカウンター (「プレミアムエコノミー」チェックインカウンターのみ)
・ 手荷物許容量のご優待(国際線のみ)
・優先チェックインカウンター
・ 手荷物許容量のご優待
・ 空港での空席待ちの優先お取り扱い
・ 香港国際空港の優先レーン
・アップグレードポイント( 事前サービスでの利用不可)
・フライトボーナスマイル
・ANAゴールドカード / ANAカードプレミアム特別ボーナスマイル
・マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換
・アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換( 事前サービスでの利用不可)
・ANAマイレージクラブ Financial Pass VisaデビットカードATMの出金手数料無料
・ プレミアムメンバー限定ANAセレクション

この中でブロンズメンバーになって良かった!と感じられそうなものは、「国内線座席指定」、「予約時の空席待ち」、「チェックインカウンター」の優先と、「手荷物許容量」の優待があります。ダイヤモンド・プラチナメンバーの条件に比べるとやはり見劣りしてしまいますが、通常会員よりは大きなアドバンテージになりそうです。

残念なのが、ラウンジの利用ではダイヤモンド・プラチナメンバーのように入室できるのではなく、マイルかアップグレードポイントの消費が条件になっています。

このように特典が受けられる一方で、条件があったり、ブロンズより上級のダイヤモンド・プラチナメンバーよりも優先順位が低くなったりと、正直言ってあまりその特典を享受できるものが少なかったりします。

 

 ANAからカードが届きました

ブロンズカード

ブロンズ達成からしばらくすると、ANAから何やら分厚い封筒が届きました。封を開けてみると、ブロンズカードが入っているではなですか!こちらを提示すればブロンズメンバーとしての待遇が受けられるのでしょう。

ただ、修行ではほとんどプレミアムエコノミークラスに搭乗してそれなりの待遇を受けており、また修行以外で搭乗する機会は今のところ内のでほとんど使い道が無さそうです。

それにわたくし・・・

 

実はすでにプラチナメンバー

4回目の修行が終わった段階でプレミアムポイントが27,216PPありました。5回目の修行では4レグ(11,440PP)を1日でこなしているので、ブロンズ達成条件である30,000PPをかる~く超えており、さらにその1週間後にも1日4レグ(11,440PP)の修行を予定していたので、あっというまにプラチナメンバーまで昇格です。

なので、実はこちらのブロンズのステイタスカードが届いた時にはすでにプラチナメンバーになっていました

私にとってあまり意味のないブロンズ達成になってしまいましたが、せっかくなので記念に保管しておきます。

 

まとめ

ANAの上級会員を目指している人にとってブロンズ到達で満足する人はほとんどいないでしょう。

ブロンズは単なる通過点でありその上のプラチナメンバーに辿り着くまではただひたすら飛行機に乗り続け50,000PPまで積み重ねます。

修行僧以外の人も、もしブロンズまで到達したとしてもそこに満足せず、さらに上を目指してみてはいかがでしょうか。プラチナメンバーになれば、SFC会員の手続きも可能になり、この先ずっとANAの上級会員でいられます。ぜひ挑戦してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA