北海道旅行を計画!ANAプラチナメンバーが航空券を購入すると良い座席が確保できる?

ANAエリートメンバーなのに飛行機に乗らない日々

ANAのSFC修行から早一年。事前のプラチナメンバーを経てこの4月から正式なプラチナメンバーになったにもかかわらず、その後全く飛行機に乗らないという状態が続いていました。

 

SFC修行の当初より、そうなることは想定していましたが、せっかくエリートメンバーとしての特典を持っていながらそれを活用できないのは、やはりちょっと寂しいものがあります。

空を見上げる

プラチナステータスの資格が切れてしまう来年3月までの間に1回くらいは飛行機に乗って旅行に出かけたいと考えていました。

 

高額な費用を抑えるため個人で手配してみる

そんな中、7月に母・義母と一緒に家族5人で北海道の旭川・富良野・トマムを3泊4日で訪れてみる旅行を計画。

自分が考えている行程を基に、パンフレットやネットで費用を見積もるとやはり高い!

北海道旅行を計画するといつもこの金額の壁にぶつかり、断念してきた経緯があります。同じ値段ならグアムやサイパンといった海外旅行を視野に入れてしまうからなんです。

 

北海道イメージ

しかし、今回は多少の出費には目をつぶり、今まで旅行の候補から外れていた北海道に行くことにしました。

とはいえ、できるだけ出費を抑えたい。お手頃なツアーを調べてみたものの、結論としては個人手配してみることにしました。

旅行会社に任せられるツアーもいいですが、時間配分や目的地など選択肢の自由度が上がる個人手配で気ままに旅してきたいと思います。

 

まずは飛行機の手配から

まずはじめに往復の航空券の購入から。

羽田空港から出発し、新千歳空港に到着の便を取ります。目的地からすると、旭川空港や帯広空港のほうが便利なのかもしれませんが、値段や便数など諸々を考慮して新千歳空港の発着便に決めました。

 

ANAトップページ

ANAのプラチナメンバーである私は当然、ANA便を選択します。航空券の購入はANAのホームページからの直接購入です。

 

羽田札幌間出発の時間は、早朝の便であれば金額も安くなるのですが、母・義母と合流して羽田に向かうことを考えると6~7時台の便はちょっと厳しい。金額は上がりますが無理のない時間帯ということで8時出発便としました。

 

札幌羽田間

帰りの便は新千歳空港でおみやげを買ったり、美味しいものを食べたり、温泉に入ったりする時間等も考えて21時台の便を選びます。

 

プラチナメンバーならではの座席は確保できるか?

画面を展開して航空券の予約を済ませると、次に座席指定ができるようになります。

 

座席指定の優先

直接ANAのHPより購入する場合、ツアーの申込みと違って購入と同時に座席の指定ができます。そしてプラチナメンバーだと、座席の指定範囲の選択枠が広がり良い場所を確保できます。ダイヤモンドメンバーよりは狭いですが、一般よりは選択肢が広がります。なるべく快適な座席を選んで行きたいですね。

 

B777-300指定範囲

羽田・新千歳間の機体はボーイング777ー300。座席の指定範囲はこんな感じでした。青い部分が指定可能な席となります。

 

新千歳行座席指定

ここではエコノミークラスの最前列が空いていました。最前列は足下のスペースも広いですし、リクライニングでシートが倒れてくることもありません。横一列で取れたのでラッキーでした。

 

B737-800指定範囲

今度は復路・新千歳・羽田行きの座席指定です。機体は737ー800。座席自体の数が少ないこともあるのですが、選択できる座席があまり多くありません。選択範囲が狭いのか、座席が埋まってしまっているのかはわかりません。

 

羽田行座席指定

よく見ると、真ん中あたりの15列が少し広そうです。ネットで検索してみると、ここは足下が広くなっていてオススメのようです。座席を選択できそうなので、クリックしてみると、以下のような警告メッセージが表示されました。

非常口座席規約確認

非常口座席には、以下のすべての項目を満たすお客様に限り、ご着席いただけます。
1.満15歳以上の方
2.満8歳未満のお子様をお連れではない方
3.ご搭乗に際して付き添いの方や係員のお手伝いを必要としない方
4.緊急脱出時に同伴の援助をする必要がない方
5.航空機のドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施することができる方
6.脱出手順の案内および乗務員の指示を理解し、他のお客様へ口頭で伝えられる方
7.日本語または英語で会話できる方

※ 上記項目に該当しないお客様は座席を変更させていただきます。
※ 万一の場合、客室乗務員の指示のもと、緊急脱出時の援助をお願いいたします。
※ 足元や膝の上に手荷物は置けません。

上記項目を確認して非常口座席を指定しますか?
(ANA HPより引用)

なにやら、8歳未満の子どもを連れている人は不可だそうです。しかも介助が必要な人がいてもダメなようです。うちは介助までは必要ないが、高齢者、障害者、子ども連れなので、ANAもこの状態では見逃してはくれないでしょう。しかたなく諦めます。

この15列目の席は足下のスペースが広い席らしいのでもしかしたら一般開放しておらず、エリートメンバーのみに解放しているのかもしれません。

で、結局座席の場所は何の変哲もない普通の位置になってしまいましたが、とりあえず家族で並びの座席は確保したのでこれで安心です。

 

2日前の座席解放にむけて

自分たちの座席は確保しましたが、座席の空き状況は常に流動しています。こまめにチェックして良い座席が見つかれば確保をしていきたいと思っています。

そしてこれから先、指定不可だった座席が出発の2日前に解放されるようです。

 

事前座席指定開始日

これを見ると、出発2日前の12時のタイミングで解放されるようです。お昼の12時って、仕事中だと必ずしもぴったりにアクセスするのは難しいですよね。スピード勝負なのに出遅れてしまいます。仕事やスケジュールの事前調整が必要になります。

 

座席解放時間

ただ、どうやらエリートメンバーだともっと早く座席解放してもらえるようです。上記の事前指定時間よりも12時間前である、2日前の0時に解放されるようです。ダイヤモンドメンバーはそもそも予約時にすべての座席から選択できるようなので、それ以外のメンバーによる争奪戦となります。

これなら、パソコンの前で準備して待っていられますし、絶対ではないけれどライバルも減るので解放された席に変更できるチャンスは大いにあります。あとはうっかり寝てしまったり、忘れないようにします。

 

もしかしたらプレミアムエコノミークラスにアップグレードも?

座席3D

2日前の座席解放だけでなく、マイレージ会員なら、同じく2日前からプレミアムエコノミークラスへのアップグレードも可能になります(有料かアップグレードポイント使用が条件)。もちろん空席があればということになりますが、こちらにも参加してみたいと思います。ただ、新千歳空港までは飛行時間も1時間30分程度なのでプレミアムエコノミークラスのありがたみを感じる前に到着してしまうかもしれませんが、挑戦してみる価値はあります。

 

まとめ

今回は、出発の約75日前に購入したので、その時点での座席状況となります。機体の座席数や空き状況にもよるのでしょうが、やはりプラチナメンバーだとそれなりに優先されるので、お好みの座席の位置も確保しやすいのではないでしょうか。

旅行日が決まったらなるべく早いタイミングで購入すればそれだけ選択枠も広がります。

また、当然ですが座席解放と行っても満席なら解放もないし、アップグレードもありません。夏休みに入っている時期ですし、満席に近い状態も想定されます。そうなってしまったらそれはそれでしょうがないと諦めますが、できることはやっていこうと思っています。

なるべく、疲れなさそうな座席を確保して旅行を楽しみたいですね。

これから宿泊先等も予約していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA