‘20 石垣島 2回目のANAインターコンチネンタル石垣ホテル デラックスオーシャンウィングルームに宿泊

スパイアエリートメンバーとしてインターコンチネンタル石垣ホテルへ

2020年3月に2回目となるインターコンチネンタル石垣ホテルへ宿泊してきました。

2019年の様子はこちら

 

前回はインターコンチネンタルアンバサダーとしての宿泊でしたが、今回はアンバサダーに加えてIHGの最高位ステータス(招待制であるロイヤルアンバサダーを除く)のスパイアエリートメンバーとしての宿泊です。

スパイアエリートになれた経緯はこちら

 

そして今回は、アンバサダー会員の特典であるウィークエンド無料宿泊を利用してみました。

そのときの様子をレポートします。

 

ウィークエンド無料宿泊とは

300以上のインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、キンプトン ホテルズ&レストランツ、リージェント ホテルズ&リゾーツ*の中からお好きなホテルを選び、2連泊以上ご予約いただくと、ウィークエンド無料宿泊が適用されます。チェックイン時に未交換の有効なウィークエンド無料宿泊をお持ちの場合、2泊目の料金を無料といたします。1回のご滞在でご利用いただけるウィークエンド無料宿泊は1泊に限らせていただきます。(引用:IHG公式サイト)

ウィークエンドなので、基本的には金・土・日曜日を絡めて2連泊すると適用されるもので、2泊目が無料となります。

いろいろと細かい条件はありますが、ここで注意が必要なのは、

1 ウィークエンド無料宿泊の専用レートとなり、ベストフレックス料金よりもやや割高な設定になっている。

2 最も設定の低いレートで2連泊するよりも支払いは抑えられているが、半額とまではいかない(3割引くらい)

3 あくまで2泊目が無料対象なので、1泊目と2泊目で料金に差が出ていても調整はしない。

利用しないよりは支払いが少なくなるので助かりますが、そのからくりを考えると「2泊目無料」というキーワードから想定されるお得感はあまり感じることはできないので注意が必要です。

 

宿泊時の料金設定

宿泊予定の各部屋の料金設定。

できれば良い部屋に泊まりたいけど、この中では一番お得なスーペリアオーシャンウィングを選択。

 

なんと、ウィークエンド宿泊の料金設定は1泊43,000円でした。

2泊目が無料なので、そのままの金額が2泊分の支払金額となります(1泊目43,000円+2泊目0円=43,000円)。、

最も安いスプリングセールは1泊29,025円なので、2泊だと58,050円。

これよりもさらに安く泊まれるので文句言える筋合いではないのですが・・・感動するほどのお得さは感じられず。

一泊平均21,500円(素泊まり)で、この金額が安いのか高いのか。

人それぞれだと思いますが、自分的にはもう少しプライスダウンしてくれるとお得感があるかな。

朝食付きならいいのですが。

 

部屋は7階の718号室

では、さっそく部屋をレポートします。

チェックインについては前回と同じなので省略します。

気になる方はこちらをどうぞ。

 

部屋はオーシャンウィングにある7階の部屋を割り当てられました。

 

お部屋は予約したスーペリアオーシャンウィングからデラックスオーシャンウィングにアップグレードしてくれています。

スーペリアよりも高層階にあるということのようですが、広さ的には変わらないようです。

この時期、ホテルの稼働率はそんなに高く無さそうでしたが、既定路線の1アップグレードしかしないところはさすがのインターコンチネンタルホテルといったところでしょうか。

たまには、あっと驚くようなアップグレードをしてくれないものだろうか・・・

 

窓側から見た部屋の様子。

部屋はある程度余裕がある広さのような感じがします。

 

テレビの下にあるデイベッドは娘のお気に入りの場所。

子どもの身長だとちょうど良いベッドになるようです。

 

バルコニーとそこから見える景色はサイコー

バルコニーも広め。

滞在時は肌寒くてずっといることはできませんでしたが、椅子とオットマンもあるので、ここでくつろぎながら過すのもよさそう。

 

バルコニーからの眺め。

ホテルの庭も全体が見渡せて、海も見えるので窓からの景色は抜群。

 

夜になるとライトアップされるので、昼間の時間帯とは違った景色の楽しみ方ができます。

 

こちらは日の出の時間帯。

 

バスルームはどの部屋も同じか?

バスルームは前回のコーラルウィングに宿泊したときの部屋のものと同じ造り。

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止により大浴場が休業していたので、ずっと部屋のお風呂に入ることになりました。

使い勝手は悪くないので不満はないのですが、やっぱり大きなお風呂があるのであればそちらを使いたいな。

 

浴槽とシャワールームは分離・独立してます。

トイレも独立しているのでありがたい。

 

夜のロビー

まだ夜の8時ですが、もう誰もいないロビー。

沖縄方面はまだコロナの影響が少ない時期でしたがやっぱりみんな気にしていたのでしょう。

 

清々しいほどだれもいません。

みんな部屋にお籠もりしているのでしょう。

 

カウンターにはスタッフすらいませんでした。

 

トロピックス ラウンジ&バーでひとり酒

IHGのスパイアエリートとしてのホテル側からのおもてなしとして、子どもも含めた3人分のドリンククーポンをいただきました。

しかし、我が家でお酒をたしなむのは自分だけ。

もちろんバーでソフトドリンクも飲めますが、娘は水と麦茶をこよなく愛し、ジュースにはあまり興味がないので代わりにいただきます。

 

遊び疲れた娘を早めに寝かした後、こっそりとバーに向かいます。

人もあまりいないので席は選び放題でした。

 

一人なのでバーカウンターに座らせてもらいました。

ドリンククーポンでの利用を伝えると、メニューの中から好きなドリンクを選んで良いとのこと。

クーポンの場合、あらかじめ指定されたドリンクしか選べませんでしたが、まぁ、ビールがあればOKです。

 

選んだのはもちろんビール。

でもよく考えてみたら、メニューリストにはビール(850円)より料金設定の高いカクテル(2,200円程度)も選べたので、カクテルにすれば良かったかな。

イッキに飲み干したい衝動に駆られていたのですが、その気持ちを抑えてゆっくりとバーの雰囲気も味わいながら飲んでいきます。

 

バーにいたカップルはお酒を飲みながらスタッフと楽しそうに談笑していましたが、シャイな自分は会話をすることなく無言でビールを飲みます。

そして、飲み終えたら「ごちそうさま」の一言を伝えて部屋へ戻っていきました。

 

次の日は夕食に出掛けてホテルに戻ってきたその足でバーに寄ります。

この日はビールではなくローズマリーモヒートというカクテルを注文しました。

ラム、アップルミント、ライムジュース、ローズマリーシロップ、ローズマリー、ライムビール、ソーダをカクテルしたもの。

南国感あふれる味でした。

天気が良ければテラスに出て星空を眺めながら満喫したいところですが、残念ながら雨でした。

 

マエサトビーチからホテルを臨む

朝早く、マエサトビーチに来てみました。

海側からホテルを見るとこんな感じ。

向こうに見える建物は、インターコンチネンタルクラブ専用の建物になるんだとか。

一泊どれくらいなのでしょう?

 

オーシャンウイングも見えます。

 

真栄里ビーチのオーシャンパーク。

子どもを遊ばせたいところですが、滞在中は天気があまり良くない上に気温も低く断念しました。

 

空港⇔ホテルを高級車で送迎

ホテルのロビーエントランスにはインターコンチネンタルのマークが入った高級車が並んでいました。

スパイア(アンバサダー)のステータスを持ってい方は事前に申し込んでおくと送迎してくれるようです。

せっかくそのステータスを保有しているのに、レンタカーを借りてしまうので送迎の機会がありません。

今度はホテル近くのレンタカー屋さんで借りて送迎はホテルに依頼しようかな。

 

おわりに

デラックスオーシャンウィングルーム以外の記事も多くなりましたが、ホテルでの様子をまとめてみました。

部屋のアップグレードは相変わらず保証している1グレードのみで、それ以上のアップグレードは厳しいようです。

せっかくスパイアとアンバサダーのステータスがあって、コロナで宿泊客も少ないのですから、もう少し色を付けてくれてもいいのではとちょっぴり思います。

2020年中にはインターコンチネンタルクラブルームの棟もできるようなので、今度はそちらにも泊ってみたい・・・けど無理だろうな。

その目標に届くよう日々の仕事を頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA