‘21 宮古島 シギラセブンマイルズリゾート内の施設で遊び尽くす② シギラリフト&シギラビーチ

割引券を上手に活用して

宮古島で宿泊したホットクロスポイント サンタモニカはシギラセブンマイルズリゾートホテル系列。

なので、チェックインの際、リゾート内で使える割引券をもらえました。

特に、日本最南端のリフトが往復無料で利用できるようなので、せっかくだし体験してみよう!

ホテルの様子はこちらから。

 

 

 

ザ・シギラリフトオーシャンスカイ

沖縄発のペアリフトである「ザ・シギラリフトオーシャンスカイ」。

ここには東平安名崎を観光して戻ってくる際にちょうど通りかかるので体験してきました。

 

ザ・シギラリフトオーシャンスカイ基本情報

営業時間  通常10:00~17:00 (最終受付16:40) ※天候や催事により運休になる場合があります。

料金  片道¥500、往復¥800、3歳未満 無料 ※乗車券はリフト乗り場で販売いたします。

・料金は特別な記載がない限り、おひとり様(税込)となります。
・リフトの定員は乳幼児を含め2名様までとなっております。
・リフトは小学生以上の方から単独でご利用いただけます。それ以下のお子様は18歳以上の方の付添いが必要です。
・安全乗降確保のため、お身体に不安のある方、酒気を帯びた方など係員の判断により乗車をお断りする場合がございます。

(ザ・シギラリフト公式サイトより引用)

 

乗り場は上りルートと下りルートの2箇所で、高台の乗り場となる下りルートからスタート。

 

無料券には月・水曜日定休の10~17時までとありましたが、コロナ禍だからか、月・水・金定休の10:00~13:40での運行となっていて、営業時間が短い。

これだと、わずかな営業時間帯で来ないといけないのでちょっと利用しづらいかな。

 

しかもオープン時間前の9時頃に来てしまったのでまだリフトが動いていません。

まずは、先に東平安名崎に観光に行ってきます。

 

 

 

受付で無料券を提示し、リフトに案内されます。

ペアリフトなので定員は2名であり、3人では乗れません。

なので前後に分かれて行っていきます。

 

このリフトはゴルフコースを横切る形で作られているため、たまにゴルファーと目が合います。

それと、地上スレスレの高さしかない地点もあって、景色的にはあまり良くない。

もちろん、ゴルフしている姿を見たいわけではない。

 

リフトに乗っているときにゴルフボールは飛んでこないのだろうか。

実際にプレーしている人はあまりいなかったけど、大勢でプレーしているときはどうなるのか気になる。

 

リフトを降りた先はシーフードレストラン シギラタートルベイの近く。

 

ホテルシギラミラージュのプールも見学させてもらいました。

 

プールサイドでノンビリしている人はいましたが、プールの中で遊んでいる人はいません。

他に何か特筆するような場所もあまり無かったので、リフトに乗って元の場所に戻ります。

 

ザ・シギラリフトオーシャンスカイに乗ってみての感想

ここにリフトを作る意味が何かあるのだろうか?

乗ることを目的とする以外はあまり使い道が無さそう。

上から下へ行く人は、車で来ている人がほとんどなハズですが、到着した場所は別に車でも行けるし。

下から上へ行く人も、到着した瞬間は見晴らしは良くて感動するが周りには何もなく、ただ道路(と駐車場)があるのみ。

どちらにしてもまたリフトを使ってもどの場所に戻るしか選択肢がないので、片道のみで利用する人はほどんどいないのではないか?

経費に見合う需要や効果があるようにはとても思えないが、私にはわからない何かがあるのかもしれない。

一応、無料の往復チケットで体験できたのでこれで良しとしよう。

 

シギラビーチ

もう夕方の時間帯となる午後4時ですが、シギラビーチにやって来ました。

まだ海開きもしていないため、人もそんなにいませんでしたが、充分に泳げる時期でしたので、宮古島の海をほんの少しだけでも体験しておかねば。

といっても泳ぐつもりはなく、腰の高さまで入る程度までで、基本的には子どもが泳いでいるのをサポートすることに徹するつもり。

 

シギラビーチ基本情報
営業期間 2021年3月19日~2021年11月30日

営業時間 9:00~17:00 ※7月〜9月は18:00まで

シャワールーム 男女各2ブース/シャンプー、ボディーソープ無料利用可

更衣室 あり

ロッカー 90個

持ち物 タオル / 着替え

駐車場 完備(有料 * 当リゾート宿泊者:無料)

(シギラビーチ公式サイトより引用)

 

シギラビーチはリフト乗り場のすぐそば。

 

面白い形のシャワー。

自由に海水を洗い流すことができるのはありがたい。

 

ビーチまでは少し距離あり。

このあたりの砂はサラサラで、裸足でも気持ちいい。

 

ビーチにはデッキチェアが用意されています。

有料で1日3,300円で午後2時を過ぎると半額のようですが、今から借りてもね。

 

デッキチェアーよりも豪華なカバナテントもあります。

1日7,700円で、こちらも午後2時過ぎると半額。

かつてシンガポールのアドベンチャーコーブウォーターパークでは日本円にしておよそ1万円くらいだったのでそれに比べたらお得なのかも?

 

 

カーテンもあるので日よけにもなるし便利。

 

海側から見るとこんな感じ。

 

岩場に囲まれたビーチなので波も穏やか。

海水浴場とかだと、ブイで仕切られた遊泳エリアが設けられていますが、それと同じくらいの広さ。

遠浅な海で波も穏やなため子どもでも安心して泳げますし、岩場やサンゴもあるためシュノーケルの道具(レンタル可)があればもっと楽しめそうです。

シュノーケルをしないまでも水中メガネくらい持参しておけば良かった。

 

ご覧の通り、海の色が青くてキレイ。

透明度もあるので、海面から魚が泳いでいるのを見つけることもできます。

運が良ければウミガメに出会うこともあるようですが、残念ながらこのときは見つけられず。

 

波打ち際の辺りから、砂粒が荒くなっている。

サンダルだと歩きにくいし、海の中に入るのは難しいので、ウォーターシューズがあると便利。

 

シギラビーチで遊んだ感想

シギラリゾートに宿泊して、海で遊ぶならシギラビーチに行くのがオススメ。

設備的にはちゃんと整っているので、何かと便利です。

1日遊ぶならカバナを借りちゃっても良いかもしれません。

子連れの場合やファミリーは、自己責任となるような海より安心して遊ばせることができると思います。

ただ、何かを利用しようとすると、必ず料金が発生するのでそのあたりは覚悟が必要かも。

ちなみに、訪れたときはフツーに停められましたが、駐車場は有料(リゾート宿泊者:無料)のようなのでご注意を。

 

おわりに

シギラリゾート内にある3つの施設を利用してみました。

その中では、シギラビーチが一番楽しめそうです。

温泉、リフト、ビーチは日本全国どこにでもありますが、シギラビーチのような自然の地形に囲まれた、遠浅で波も穏やかなビーチで遊べるのはかなり贅沢な事だと思います。

泳がなくてもビーチにいるだけでもリゾート気分は味わえますので、シギラビーチはオススメできます。

もちろん、ザ・シギラリフトオーシャンスカイとシギラ黄金温泉も興味がある方は是非試してみてください。

想い出に残る体験になるといいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA